敏感肌 クレンジング

クレンジング人気ランキング


■超厳選!敏感肌が選ぶクレンジングランキング!

 

 

敏感肌の改善実績があるクレンジング、肌に優しいクレンジングをランキング形式で紹介しています。敏感肌のケアの方法についても解説していますので、あなたの敏感肌解消の手助けになれば嬉しく思います

 

 

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

 

肌への優しさ :★★★★★
メイク落ち :★★★★★
コスパ  :★★★★★
おすすめ度 :★★★★★

 

敏感肌女性に今最も売れているクレンジング

 

水谷雅子さん、山本優希さんなど多くのモデルが絶賛♪
ダブル洗顔不要で、エイジングケアもできるクレンジングです。
今だけ!!1個購入でもう1個プレゼント!!!

 

■こんにゃくスクラブ配合!
■送料無料!
■全額返金保証付き!

 

 

>>リ・ダーマラボ公式ページへ

 

>>レビューはこちら

 

 

アテニアクレンジングオイル

 

肌への優しさ :★★★★☆
メイク落ち :★★★★★
コスパ  :★★★★★
おすすめ度 :★★★☆☆

 

 しっかりメイクの日は敏感肌でもオイルクレンジングがおすすめ!

 

メイクを落とすだけじゃない。肌色まで明るくする。 大人のためのクレンジングオイル誕生。

 

■送料無料
■商品到着後2週間返品・交換可能
■たっぷり2ヶ月分
■化粧水ミニボトル(14日分)プレゼント

 

 

 

 

マナラホットクレンジングゲル

 

肌への優しさ :★★★★★
メイク落ち :★★★★☆
コスパ  :★★★★☆
おすすめ度 :★★★★☆

 

マナラホットクレンジングゲルは美容成分91.4%配合

 

敏感肌でも安心して利用できる。こだわりの8つの無添加!!最近テレビや雑誌でよく見かけますが美容成分は相当評価高いです。敏感肌の女性がターゲットですのでぜひご確認を!!

 

■通常価格から1,114円割引中!
■45日間商品代金返金キャンペーン中!
■2本購入で送料無料!
■代引き手数料無料!

 

 

 

 

 

 

肌ナチュール リッチ・モイスト・クレンジング

 

肌への優しさ :★★★★★
メイク落ち :★★★☆☆
コスパ  :★★★★★
おすすめ度 :★★★☆☆

 

W洗顔不要だから肌にやさしい!

 

敏感肌の女優「藤本美貴」さんも絶賛する炭酸クレンジング!
パラベン・合成着色料・合成香料は不使用。弱酸性の炭酸に加え、自然派美容成分を厳選して配合だから敏感肌の女性にこそオススメできるクレンジング!

 

■初回モニター特別価格!
■W洗顔不要!
人気美容3サイトで1位獲得

 

 

 

 

 

 

 

 

ディセンシア つつむ

 

肌への優しさ :★★★★★
メイク落ち :★★★☆☆
コスパ  :★★★★☆
おすすめ度 :★★★★☆

 

ディセンシアはポーラ・オルビスグループから誕生した敏感肌専門ブランド!!「つつむ」トライアルセットではクレンジングから洗顔・化粧水まで14日間をたっぷり試すことが可能です!

 

■日本全国送料無料!
■返品・交換30日以内OK!
■クレンジング14回分
トライアルセット1470円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DUOクレンジングバーム

 

肌への優しさ :★★★★★
メイク落ち :★★★★☆
コスパ  :★★★☆☆
おすすめ度 :★★★★☆

 

DUOクレンジングバームはモンドセレクション金賞受賞!

 

有名口コミサイト1位獲、発売から3年で30万個以上の販売実績!ダブル洗顔不要で毛穴も汚れもしっかりケア出来ると口コミでは高評価がズラリ。

 

初回『トライアル』購入:1,800円 (2週間分)
初回『定期用製品』購入:2,400円
定期購入のみサンプル&100円割引アリ

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

敏感肌の原因は1つではないですから、原因を特定することは難しいものですよね?

 

 

生まれつき肌質が敏感な女性もいるし、年齢を重ねていくうちに敏感肌になってしまうこともあります。

 

 

もしも、自分でも何が原因かわからないトラブルに悩んでいるのなら、

 

 

クレンジングも敏感肌の原因になることを疑ってみることで改善できる可能性もあるようです。

 

 

何気なくいつものクレンジングを使っているという女性はすごく多いので、洗浄力が強いクレンジングで肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、肌のバリア機能が低下することで敏感肌の原因にもなります。

 

 

 

特に季節の変わり目には肌のトラブルが増加します!!

 

 

美容液成分、保湿成分がしっかり入った肌に優しいクレンジングクレンジングを使ってくださいね。

 

 

ランキングトップに戻る

 

その他のおすすめクレンジング

 

ランキングには入りませんでしたが、口コミで評価が高いクレンジング、コスパに優れたクレンジングをご紹介いたします

 

 

ファンケルマイルドクレンジングオイル

 

敏感肌が選ぶ※クレンジングランキング!!

 5秒に1個売れているクレンジング

 

リニューアルされたファンケルクレンジングはテレビCMおこなわれていますので知名度はNO1。擦らずに落とし、うるおいを残して洗いあげてくれます。
初回お試し500円!!
■返品保証は無期限!
■たっぷり1ヶ月分!
界面活性剤不使用!!!

 

 

 

 

 

 

オルビス クレンジングリキッド

 

オルビスクレンジングリキッドはジェルタイプのクレンジング

 

ジェルタイプなので肌への摩擦が少なく、しかもノンオイルですから敏感肌の女性でも安心して使用していただくことが可能です

 

■1,440円(税込)
■返品・交換OK
■送料無料

 

 

 

 

 

 

 

セラムデュークリアウォーター

 

 セラムデューはオイルや洗浄成分、界面活性剤等は完全フリー!

 

美容成分100%の水クレンジングがメイクや皮脂汚れを瞬時に落とし毛穴の引き締まったなめらか肌に導きます!

 

 

■ 初回1,995円(税込)
■ 送料無料でたっぷり300mL
■ コットン12枚プレゼント

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

 

クレンジングの重要性

 

 

 

肌にはもともと自ら皮脂を分泌して、自分で自分を守るためのセルフバリアの機能が備わっています。でも何かの理由でセルフバリアの機能が低下してしまうと、乾燥しやすくなり刺激に過敏に反応するようになるわけです。

 

 

では、どうしてセルフバリアの機能が低下してしまうのか?

 

 

その原因がハッキリわかれば良いのでしょうけど、なかなか突き止めることができないものです。そこでクレンジングに着目です

 

 

クレンジングはメイクを落とす役目をしますが、ファンデーションや日焼け止めクリーム、化粧下地などには、油性の成分が含まれています。

 

 

その油成分を落とすためには、界面活性剤という成分を使ってメイクと水分を馴染ませることが必要になるわけですが、この界面活性剤こそ、肌の皮脂成分を奪い取ってしまう正体なんです。

 

 

でも、皮脂だけは残してメイクの油成分だけを見つけ出し、それだけをキレイに落とすなんてことはできるわけもありません。

 

 

特に敏感肌の人はメイクをするだけでも肌に負担をかけることになりますが、それを落とすことでもリスクを高めてしまうことになるなんてどうしたらいいのか困ってしまいますね。

 

 

どんなに肌にやさしいスキンケア製品を使ってお手入れしていても、肌が元気にならないことで悩んでいる人はクレンジングを変えてみるのも改善のきっかけになるかも知れません。

 

 

まずは、皮脂成分を奪い取ってしまう界面活性剤をよく確認することです。界面活性剤には、石油系のものと、自然由来の成分の界面活性剤があります。石油系の界面活性剤は、コストがかからないことや大量生産ができるので低価格という魅力があります。

 

 

それに比べると、自然由来の界面活性剤を使用したクレンジングは価格が高いという欠点があります。高いものを使えば、それで解決できるとは限りませんが、成分を確認してクレンジングを選ぶことは必要なのかもと感じます。

 

 

最近では、界面活性剤を使用していないクレンジングも登場していますし、自然由来の界面活性剤を使用していても、お手頃なものもチラホラと見かけるようになりました。

 

 

美容成分を豊富に含んでいるものなど選択肢は増えているので、敏感肌に悩んでいる方のクレンジング選びもうれしい方向に変化しているんです^^クレンジングの選択肢が増えているのですから。

 

 

一般的に敏感肌の女性にはオイルクレンジングは好まれていません。オイルクレンジングに含まれる界面活性剤がメイクと共に肌に必要な皮脂をも落としてしまっている、というのいがオイルクレンジングが好まれていない理由です。クレンジングが原因で肌を覆っている皮脂を自ら奪い取っている場合にはクレンジングを変えてたら敏感肌が解消されることも本当によくあるのです!

 

 

しかし、場合によってはオイルクレンジングを使用した場合がいいこともあります。その理由はアテニアクレンジングオイルのレビューでご紹介しますね。

 

リ・ダ-マラボ「モイストゲルクレンジングのレビュー

当サイトで圧倒的人気は美容液成分99.3%の「リ・ダーマラボ モイストクレンジング」

 

しっかり落ちるのに乾かない

 

W洗顔時より潤いが5倍続く

 

さらにドクターズコスメ・人気モデルも使用・1本購入でもう1本プレゼント!など商品力・企画力ともに圧倒的な人気です。返金保証もありますので試しやすくなっています。ということで、いいところばかりが注目されていますが本当でしょうか?

 

リダ-マラボモイストクレンジングのコスパ

 

 

モイストクレンジングゲルの容量は150gということで結構大きいです。1本で2ヶ月持つということですが本当に2ヶ月持ちますね。初回は1本購入でもう1本プレゼントですから約4ヶ月で(税込み)3,076円。

 

1ヶ月769円

 

この値段ならゆっくりじっくり試せますね

 

W洗顔は不用なのでしょうか?

 

W洗顔は肌に負担を与えるといわれています。洗いすぎによって肌に必要な脂質を洗い流してしまいますし、肌をこすりすぎることによって肌に傷を付け、しわ・ニキビ・肌の老化の要因にもなりかねません。

 

クレンジング→洗顔を1回にできれば肌への負担が減り、敏感肌の女性も安心して利用できますよね。

 

 

少しお写真が暗くなってしまい、申し訳ありません…
モイストゲルクレンジングはこんにゃくスクラブが配合されていて「つぶつぶ」があります。このつぶつぶが肌の汚れを吸着しW洗顔をしなくてもしっかりと肌の汚れを落とし、メイクは保湿成分が落としてくれます。「石油系界面活性剤」「防腐剤」「着色料」「旧表示指定成分」「鉱物油」「アルコール」「合成香料」ですから敏感肌の女性でも安心して使えます。

 

実際に利用してもW洗顔無しでもメイク汚れをしっかり落ちてくれました。

 

 

リダ-マラボクレンジングゲルの上手な使い方

 

おすすめの利用法はお風呂に入ったときに1番最後にクレンジングをする方法です。

 

 

敏感肌が選ぶ※クレンジングランキング!!

 

お風呂の蒸気でメイクが浮きやすくなって、しっかりとメイクが落ちますし、洗顔後にすぐに化粧水をつけることで水分の蒸発が最小限に抑えられ、モチモチ・プルプルの肌が実感できます。リダ-マラボは濡れた手でもOKですからこの方法が1番肌に優しく、しっかりメイクが落ちます。

 

私はこの方法に変えてから敏感肌が一気に解消され、洗顔後のヒリヒリや乾燥肌の悩みから一気に解消することができました♪

 

リダ-マラボの不安点

 

ただ唯一の不安点は私は敏感肌ですので普段のメイクはナチュラルルメイクで薄めです。毎日ウォータープルーフのマスカラなど落ちにくいメイクをお使いの場合にはリダ-マラボではなくアテニアなどのオイルクレンジングを利用した方がいいかもしれません。

 

お風呂の蒸気でしっかりメイクを浮かせてからならウォータープルーフのマスカラも落ちるかもしれませんが、せっかく肌に優しいクレンジングを使っていても、メイクを肌に残してしまったら逆に肌に負担を与えてしまいます。もしメイクが残っていると感じるのならばアテニアのオイルクレンジングを使いましょう。オイルクレンジングも使い方によっては肌への負担を最小限に抑えられます。詳細は以下のアテニアクレンジングのレビューで紹介します。

 

 

きっちりメイクをした日にはオイルクレンジング、週末のナチュラルメイクの日にはリダ-マラボと使い分けることも上手な使い方といえるでしょう。

 

敏感肌で肌に優しいクレンジングをお探しでしたらリダ-マラボモイストクレンジングは自信を持っておすすめできます。まずは初回限定の特典を利用して4ヶ月じっくりお試し下さい^^

 

 

>>リダ-マラボの詳細はこちら<<

 

 

アテニアクレンジングのレビュー

 

肌ステイン(肌の黄ばみ)まで洗い流す「アテニアクレンズオイル」

 

わずか10秒でしっかり落ちる!

 

高級美容オイルでエイジングケアもできる!

 

口コミでも評判はかなり上々、オイルクレンジングということで敏感肌の私は避けてきたのですが実際に肌への影響はどうなのでしょうか?使ってみてわかったオイルクレンジングの上手な使い方も併せて解説していきますのでぜひ参考にして下さい。

アテニアクレンズオイルのコスパ

 

アテニアクレンズオイルの容量は175mlということでこちらも結構大きいです。1本で2ヶ月持つということですが本当に2ヶ月持ちますね。初回は30mlのドレスリフトローションも付きで1,836円。公式ホームページからはさらに300円OFFのキャンペーンも実施中ですので1,536円。

 

1ヶ月 768円

 

リダ-マラボより1円お得ですね^^
こちらもゆっくりじっくり試すことが可能でしょう。

クレンズオイルはW洗顔は不用なのでしょうか?

 

アテニアのスキンクリアクレンズオイルは、すすぎ終わってからのオイル特有のヌルヌル感はほとんどありません。基本的にクレンズオイルは、ダブル洗顔は必要ないそうです。ただ、すすぎを何度かしてもぬるま湯が白く濁るのは、オイル成分が残っていることなのですすぎはしっかりとしなければなりません。

 

実際にクレンズオイルを使ってみた感想としては、すすぎ終わった後に洗顔料を使わないと気持ち悪く感じることはありませんでした。ダブル洗顔するかしないか、それは好みの問題かも知れませんね。

 

 

ただ基本はオイルは皮脂やメイクの油性成分を落とすことはできるけど、角質や酸化汚れなどは洗顔料で落とすのが基本だと言われています。私はオイルが肌に残るのが気になったので、敏感肌向けの洗顔料を使ってクレンジング後に洗顔しました。洗顔後はすぐに化粧水で保湿します。

 

クレンジング→洗顔→化粧水

 

ですので肌への負担はリダ-マラボモイストクレンジングよりは増えます。
ですので私はキッチリ濃いめのメイクをした場合にはオイルクレンジングでさっとメイクを落とすことをおすすめしています。

 

このときに気をつけるのは

 

クレンジングを付けてからすすぎをするまでの時間をなるべく短くすること。
顔にオイルを付けている時間を短くし肌への負担を最小限にします。

 

「10秒でしっかり落ちる」と書いてあるようにアテニアクレンズオイルはウォータプルーフのマスカラでもサッと落ちてくれますので、特に敏感肌の女性がオイルクレンジングを使用する場合は顔にオイルを長い時間付けておかないということを気をつけるといいかもしれません。

 

決してオイルが悪いのではなくオイルクレンジングに配合されている界面活性剤が肌に負担をかけているということも覚えておいて下さいね。アテニアクレンズオイルにも「ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10」 「オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20」 「ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20」 「ステアリン酸イヌリン」の界面活性剤が使用されています。

敏感肌の女性のオイルオイルの上手な使い方

 

先ほどからのまとめとなりますが、敏感肌の女性でもオイルクレンジングでメイクを落とす場合にはアテニアクレンズオイルがおすすめです。ただしいくつか条件がありますので箇条書きにしておきますね。あっこれは敏感肌の私の私見ですの^で^

 

■素早くメイクを落とすこと
■すすぎはぬるま湯でしっかりと行うこと
■顔にオイルが残っていないように洗顔も行うこと
■クレンジング→洗顔→化粧水は時間を空けないこと
■オイルクレンジングを使わない日も作ること

 

OLさんなどは毎日キッチリメイクをすると思います。化粧直しをしないようになるべく落ちにくいメイクもするでしょうから、オイルクレンジングを使ってサッと落とすことが重要です。ただし、週末はノーメイクにしたり、薄めのメイクにしてオイルクレンジングを使わない日も作りましょう。

 

リダ-マラボモイストクレンジングとアテニアクレンズオイルを準備して日によって使い分けることで私は敏感肌のクレンジングを悩みのないものにしています♪

 

>>リダ-マラボモイストクレンジングをもっと詳しく

 

>>アテニアクレンズオイルをもっと詳しく

敏感肌に拭き取るタイプのクレンジングはおすすめしません

テレビCMでもお馴染みになりつつある拭きとりタイプのクレンジングですが、敏感肌の女性にはおすすめはできません。よほど疲れている場合に、化粧をしたまま眠るよりは拭きとりタイプでメイクを落とした方がいくらかまし…ぐらいに考えて下さい。

 

 

シートタイプのクレンジングとは

 

クレンジングには色んなタイプがありますが、その中でも肌に一番良くないと言われることが多いのがシートタイプのクレンジングです。そう言われても便利なのでついつい使ってしまうこともあるかしれませんね。

 

 

悪いとわかっていても使いたくなるほど便利なものなのですが、どうしてそんなに肌に良くないと言われるのでしょうか?拭き取るだけで、その後の手入れの方法などが不要なものもありますが、そもそも、シートタイプのクレンジングにはどんな成分が含まれているのでしょう。

 

 

拭き取りシートに含まれる成分

 

「ビオレふくだけコットン」とか「ソフティモメイク落としシート」など、ドラッグストアやコンビニでも手軽に買えるシートタイプのクレンジングには、どのような成分がメイクを落とすのか、各製品の成分をチェックしてみました。

 

 

洗浄成分だと思われるものには、ヒドロキシエチルセルロース、アクリル酸アルキルクロスポリマー、ラウリン酸PEG、フェノキシエタノールなどです.
オイル成分を含んでいるものもありますが、ほとんどはオイルを使用していません。

 

シートを絞ると、滴り落ちるほど大量のクレンジング剤が含まれています。

 

 

使うシーンを限定すること

 

シートタイプのメイク落としには保湿成分が配合されていたりします。メイクを落としたらそのまま洗顔をしないでスキンケアも不要で眠ってもOKということですが、でも、それはやっぱり肌には負担が大きいのです。

 

 

たっぷりと含まれたクレンジングは、強くこすらなくてもメイクを浮かせて落とすことはできますが、それだけ強力なクレンジング成分を含んでいますし、シートの繊維が肌を摩擦することには間違いありません。

 

 

洗顔しなくても油性のメイクも落とせるほど強い洗浄成分が入っているので、普通のクレンジングよりも肌には強い刺激を与えるのです

 

 

それでもメイクをしたまま眠ってしまうよりは肌への悪影響を少なくできるので、使用するのは最低限にするようにしましょう。外出先でメイクを落とさなくてはいけない時や、疲労困憊した時などに限るようにします。便利だからといって、頻繁に使うのは止めた方が良いですね。特に敏感肌の女性は注意しましょう。

 

メイク落としだけじゃないクレンジングの効果とは

クレンジングはメイクを落とすために使うものです。それ以外にはクレンジングを使う意味はないと思うのですが、人気のクレンジングにはメイク落とし以外にも、色々な効果をアピールしているものがあります。

 

 

メイクを落とすだけじゃなく、クレンジングにはどのような効果があるのか?それともメイク落とし以外には何の意味もないのでしょうか。クレンジングが持っているメイク落とし以外の作用について調べましたので参考までに。

 

 

美白作用のあるクレンジング

 

クレンジングによる美白作用は比較的多くの製品が持っています。クレンジングによる美白は、メラニンの生成を防ぐ作用のある美白有効成分が配合されていることよりも、角質層のターンオーバーを正常にすることでメラニンを排出する美白の方が主な働きです。

 

 

メラニンの生成を防ぐ美白成分を含んでいるクレンジングもありますが、浸透させる目的でクレンジングをすることはないので、メラニンの生成を防ぐ美白に関しては私個人的にはあまり意味はないと思ってます。

 

 

くすみをなくすクレンジング

 

肌のくすみは紫外線によるものよりも、角質のくすみの方が原因になるので、クレンジングによるくすみ除去効果は期待できる部分があります。

 

くすみを除去するためには毎日の積み重ねが必要なので、メイクをする人なら欠かさず行うクレンジングにくすみ除去作用があれば、コツコツ使続けると効果があると思います。

 

毛穴ケアをするクレンジング

 

クレンジングには毛穴の黒ずみや角栓を解消する効果があるとアピールしているものが多くあります。

 

 

クレンジングに含まれる成分が毛穴の汚れを浮かせて落とす作用があるので、正しく使えば毛穴の悩みを解消する効果があると思います。

 

 

しかし、洗浄力の強いクレンジングを使うことは、乾燥肌の原因になることがあるので、乾燥によって毛穴の皮脂分泌を過剰にする恐れもあるので、クレンジングだけではなく洗顔やパックなども取り入れる必要はあると感じますね。

 

肌を若返らせるクレンジング

 

クレンジングにエイジングケア成分を含んでいるとしても、メイク落としでは肌を若返らせる効果は期待できないでしょう。

 

 

クレンジングはプラスのお手入れではなく、マイナスのお手入れです。与えて不足を補うことが必要なエイジングケアを、クレンジングで叶えるのは難しいと思います。

 

 

きちんと汚れを落とすことで、エイジングケアに必要な美容成分の吸収を高めることができるというのはあると思うので、クレンジングでエイジングケアも一気にしようとするのは難しいでしょう。