クレンジング タイミング

メイクを落とすのはこのタイミング!

クレンジングっていつするのが理想なの

クレンジングのタイミング

 

クレンジング材には気を遣うけれど、クレンジングのタイミングまで気を遣う女性ってあまりいませんよね?いつもの習慣で何気なくメイクを落としている方も多いのではないでしょうか?

 

しかし敏感肌の女性の場合は少しでも肌に負担を減らしたいので肌に負担の少ないクレンジングのタイミングについて少しご紹介しますね。

 

目次

 


1.お風呂に入る時にクレンジング

 

お風呂に入る時に同時にメイクを落とす方ってすごく多いのではないでしょうか?確かに利便性もあるし時短になりますもんね♪実は私もお風呂に入るときにクレンジングをしています。

 

お風呂でクレンジングをする場合でもタイミングを変えるだけで、しっかりメイクが落ちて、さらに肌に優しいクレンジングが可能になるんですよ♪それは1番最後のタイミングでクレンジングをすることなんです。お風呂の中の蒸気で毛穴の汚れも浮きやすくなり、クレンジングの効果も高くなりますし、肌に刺激が強いといわれる顔に残ったシャンプーやせっけんも落とすことができるので一石二鳥ってことですね♪

 

■濡れた手OKのクレンジングを使うこと
■シャワーを使って直接すすぎをしないこと
■必ずぬるま湯or水ですすぐこと
■洗顔のあとはすぐに保湿すること

 

入浴中にクレンジングをするならリ・ダーマラボモイストクレンジングゲルがおすすめです。

 

 

私もリ・ダーマラボを利用していますがメイクもしっかり落ちます。先程も書きましたが入浴の最後にクレンジングを行うことで、お風呂の蒸気でメイクもしっかり浮いていますので落ちやすいですし、ダブル洗顔不要ですので肌への刺激もかなり軽減できます。クレンジング後はなるべく早く保湿をすることで敏感肌の私でも肌に優しいクレンジング・保湿ケアが可能になっていますよ

 

以前は濡れた手がNGのクレンジングを使っていたので入浴の最初にメイクを落としていたのですが、この方法だと入浴中に肌の水分が蒸発して肌が乾燥しまくって突っ張っていましたし、40度のお湯ですすぎをしていたら入浴後は肌にヒリヒリ感が残っていましたので、今思えばこのクレンジング&洗顔が敏感肌の原因にもなっていたのかな〜と思います。40度前後のお湯ですすぎをすると肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいますので必ずぬるま湯ですすぎしてくださいね。

 

入浴の最後にリ・ダーマラボでクレンジング→ダブル洗顔なし→すぐにメディプラスゲルで保湿
この方法で毛穴の開きや、たるみが本当に気にならなくなりましたし、美白効果もかなり実感できています。もし敏感肌かな?と悩んでいたりクレンジング方法で悩んでいらっしゃるならこの方法をお試しになってくださいね。

 

>>リ・ダーマラボはこちら

 

>>メディプラスゲルはこちら

 

 

濡れた手がNGのクレンジングをお使いの場合にはお風呂に入って1番最初にクレンジングをすると思いますが、濡れた手がNGならばお風呂で同時にクレンジングはやめたほうがいいです。最初にクレンジング、洗顔をしてから湯船につかると肌はどんどん乾燥していきます…。洗顔後すぐに化粧水で保湿したいので濡れた手がNGのクレンジングならばお風呂でのクレンジングはやめましょう。

 

 

2.帰宅後すぐにクレンジング

 

クレンジングのタイミングとして、もっとも理想的なのは帰宅後すぐだと考える人の割合って結構多いそうです。確かに部屋の中でメイクをする必要はないので、帰宅後すぐにクレンジングするのも正解だと思います。ファンデーション等化粧品は時間が経つと酸化し始めますので一刻も早く化粧を落とすのはいいのですが、問題はクレンジングの方法です。

 

もしもオイルクレンジングやクリームタイプのクレンジングを使ってメイクを落とすと、その後にもう一度洗顔しますよね。帰宅後すぐにダブル洗顔をすることになり、その後の入浴でシャンプーなどの洗い残しが気になって洗顔をすると洗い過ぎになります。肌に必要な成分も洗い流し乾燥の原因にもなってしまいます。

 

また、クレンジング→洗顔をしてから入浴までの間ってどうしてますか?何も付けないと乾燥しますよね?後でお風呂に入るのに化粧水を使うってもったいない気もしますし、高価な化粧水なら私だったら無理です(苦笑)

 

私のお友達は仕事から帰宅後にすぐにメイクを落とす派なのですが、しっかりメイクなのでオイルクレンジングでクレンジング→洗顔→オールインワンで保湿しているみたいです。入浴時には洗顔をせずに、入浴後に保湿をするという感じで問題ないでしょう。

 

しっかりメイクなら→アテニアクレンジングオイル

 

ナチュラルメイクなら→DUOクレンジングバーム

 

 

3.寝る前にクレンジング

 

お風呂に入るのは夜ではなく朝という生活パターンの人もいます。でも、メイクはその日にしっかり落とした方が良いので、寝る前でもクレンジングはしないとダメです。お風呂に入らないからといって、寝る前ギリギリにクレンジングをするよりもできるだけ早くメイクは落とした方が良いでしょう。化粧は7〜8時間で酸化が始まります。

 

メイクをしたまま寝ることは、肌を老化させる原因になります。ギリギリでも良いので、メイクはキレイに落とすことは欠かさないようにしましょう。

 

 

4.クレンジングの回数は控えめに

 

肌が汚れたままで過ごすよりもキレイにリセットしてからスキンケアをする方が良いのですが、クレンジングは脱脂力が強いものが多いのでクレンジングの回数が増えすぎないように注意しましょう。肌を休ませるためにもメイクをしない日を作ったり、クレンジングを使わなくても良いメイクアップ製品を使う「ナチュラルメイクday」を作ることも肌には大切ですよ♪

 

 

トップに戻る