失敗しやすい クレンジング選び

クレンジング選びで失敗しないために

 

目次

 

 

 

敏感肌の原因にもなりかねないのが、間違ったクレンジング選びです。

 

 

その中でも危険なのは、「思い込み…」なんです。

 

 

よくあるケースは、使い始めた時はヒリヒリもカサカサもなかったから、トラブルの原因はクレンジングではないと決めつけてしまうことです。

 

 

クレンジングの洗浄力が強いと、肌に必要な保護成分が徐々に少なくなります。使い始めた時は、汚れやメイクがしっかり落とせて満足できても、使い続けていくことで肌の保護成分が少なくなってトラブルが発生することも多々あるんです。

 

 

クレンジング選びの難しいところは、

 

 

使い続けてみないとあなたの肌に合っているのかわからないこともある

 

ところなんです。

 

 

ですのでネットや雑誌などで紹介されている口コミを参考にしてみるのも1つの手です。実際に敏感肌の女性が使用しているクレンジングですから参考にはなりますよね。

 

 

もちろんすべての女性の肌に合うクレンジングなんて存在しないですからあくまで参考程度。まずはじっくり1本使ってみて調子がいいようなら使い続けてみるのが私のおススメです。

 

 

敏感肌女性に今最も売れているクレンジング

 

水谷雅子さん、山本優希さんなど多くのモデルが絶賛♪
ダブル洗顔不要で、エイジングケアもできるクレンジングです。
今だけ!!1個購入でもう1個プレゼント!!!

 

■こんにゃくスクラブ配合!
■送料無料!
■全額返金保証付き!

 

 

 

 

 

 

洗浄力を重視するクレンジングの選び方

よくあるクレンジング選びの失敗をまとめてみました。

 

クレンジングはメイクを落とすことが何より重要だと思っている人は、知らず知らずのうちに敏感肌を育てている可能性が高いです。

 

 

特にオイルクレンジングは界面活性剤が多く含まれています。メイク落ちは満足できるでしょうが、その代償としてカサカサ肌になってしまうことありませんか?

 

 

もし、乾燥を感じているのならば肌の大切なバリア機能も、奪い取られている可能性が高いです。メイク落ちを重視するなら、皮脂成分を落とし過ぎないタイプを選ぶことです。

 

 

>>参考ページ

 

 

 

 

機能性を重視するクレンジングの選び方

 

メイク落としもできるタイプの洗顔料はたしかに便利です。メイクを丁寧に落とす時間の無い時は、お風呂で洗顔するだけでメイクが落とせるのは嬉しいですよね。

 

 

でも、メイクも落とせるということは、洗浄力はパワフルです。だから毎日使い続けるのは、乾燥肌&敏感肌を悪化させる危険もあります。

 

 

また、ファンデーションや、メイクアップ製品の種類によっては、これだけでは落とせない場合もあります。

 

 

 

 

うるおいを重視するクレンジングの選び方

 

敏感肌や乾燥肌など、肌に悩みを抱えている人によくありがちな選び方です。

 

 

うるおいを残すクレンジング剤は、たしかにお肌にはやさしいのでメリットも多く、クレンジングが原因の肌トラブルのリスクは少ないでしょう。

 

 

このタイプのクレンジングが向いているのはナチュラルなメイクをする人です。ベースメイクを入念に、しかもかなりハードなファンデーションを使っているとうるおい重視のクレンジングでは、メイクが落とし切れていない可能性もあります。

 

 

そのまま汚れを残していると、肌のくすみや毛穴詰まりの原因になります。>>参考ページ クレンジングをさずに寝てしまった場合

 

 

失敗しやすいクレンジング選びを3つにまとめてみましたが、全てのクレンジング剤にも共通することは、メイクとの愛用が良いものを選ぶことが必要だということではないでしょうか。こちらのタイプ別クレンジングでもその辺りを紹介していますのでぜひご覧ください。

 

 

逆説的な考え方をすると、肌にやさしいクレンジングを使いたいなら、メイクはナチュラルに、そして簡単に落とせるものを選ぶことです。それがトータルで肌をいたわることになるわけです。

 

 

 

次ページ   クレンジングで肌は良くなるの?