コラーゲン サプリ 効果 なし

コラーゲンは飲むor塗るどっちがいいの?

女性が美容目的で取り入れたい美容成分の人気ランキングで不動の第1位に長年君臨しているのがコラーゲンです。ヒアルロン酸、プラセンタも人気ですが、やはりコラーゲンの1番人気は衰えません。

 

 

コラーゲンの効果のページでも記載しましたがコラーゲンの肌への貢献度は素晴らしく、取り入れている有名人・芸能人・モデルさんも数多くいます。

 

 

ですが、実際にコラーゲンの効果ってどうなの?って思っている人がとても多いのも確かなんですよね。その理由としては、「コラーゲンは直接塗っても効果がほとんどない」ということが一般的な常識として広まってきたことにあります。

 

 

コラーゲン配合の化粧品を使うよりも、コラーゲンのサプリを飲んだ方が良いと言われるようになってきましたが、ここで新たな問題も出てきました。

 

 

コラーゲンは身体の中でアミノ酸に分解されるので、コラーゲンサプリを飲んでもとくにコラーゲンが増えることはない。
そんなことすら言われるようになってしまったのです。

 

 

これでは、せっかくコラーゲンを塗っても飲んでも、結局意味がないということになってしまいます。でも、コラーゲンがこれほど長く人気の美容成分として君臨しているのは、効果を実感している人が少なからずいるからでしょう。

 

 

「塗る」「飲む」のどちらが良いのかという点について考えてみましょう。

 

コラーゲン配合化粧品を塗っても意味がない?

 

コラーゲンの配合されている化粧品ってホントにいっぱいありますよね。コンビニで売っている500円以下の化粧品にさえコラーゲン配合と書いてあります。

 

 

もっともポピュラーな美容成分と言ってもいのではないでしょうか。でも、コラーゲン化粧品を肌に直接塗っても意味なし!という噂を聞いたこはありませんか?

 

■コラーゲンの分子

 

コラーゲン化粧品を塗っても意味がないといわれているのは、この分子の大きさが原因です。

 

 

私たちはコラーゲンの入った化粧品に期待している効果として「ハリがアップする」「弾力が出てくる」などがあります。しかし、肌のハリや弾力を掌るコラーゲンは角質層の中で働くコラーゲンによる効果です。

 

 

一般的には化粧品に配合されているコラーゲンの分子量(サイズ)では角質層まで浸透していかないのです。化粧品メーカーは、それぞれ研究開発をして分子量を限界まで小さくしようと頑張っていますが、やはりもともと体内にあるコラーゲンが存在するところにまで届かせるサイズにするのは現在では無理のようですね。

 

 

■コラーゲン配合化粧品の効果

 

 

ナノ化コラーゲン、超ナノ化コラーゲンなど、小さなサイズのコラーゲンを配合していることをアピールしている化粧品でも角質層の中に届かないとすれば、コラーゲンを配合した化粧品を使うなんて無意味だと思ってしまいます。

 

 

しかしコラーゲン配合の化粧品にもきちんと効果があります。それは保湿に働くコラーゲンとして有効なのです

 

 

たしかにコラーゲンは肌の弾力やハリのために重要なものなので、塗っても効果がないと聞くとガッカリしますが、保湿には充分に効果を発揮していますので全く意味のないものではありません。

 

 

肌のコラーゲンと同じ構造をしていて、浸透を高めるためのコラーゲンを配合している化粧品を継続して使い続けることで、肌の表面をふっくらとさせる効果を期待することができます。

 

 

しかし続けて使っていれば、肌に存在するコラーゲンが働く部分まで届くわけではありません。

 

 

飲むコラーゲンの効果

 

そこで、飲むことでコラーゲンを増やすことができるサプリの登場です。こちらも、コラーゲンを飲んでも体内のコラーゲンが増えることはないというウワサはありました…が、最近の研究ではコラーゲン特有のペプチドがコラーゲンの生産を助けることがわかっています。

 

 

ですのでコラーゲンドリンクを選ぶ際には、コラーゲンペプチド(低分子コラーゲン)が配合されているものを選んでください。じゃないと、体に吸収されにくいですので。。。

 

 

コラーゲンが含まれている「すっぽんを食べたら次の日お肌がプルップル」というのは大げさな表現で、すっぽんを食べた気持ちがそう思わせている部分が大きいです(笑)

 

 

コラーゲンの接種に関しては「続けることが大切」というのが美容の専門家の意見が大半です。

 

 

塗るだけでは肌本来のハリや弾力を高めることは難しいですが、外側からも内側からも補ってあげることで減少していくコラーゲンを助けることができるのです。

 

 

コラーゲンサプリはどのくらい続けるべきか

 

続けることが効果を実感できるカギになると言われる化粧品や美容サプリですが、いくら続けていても効果がないものには見切りをつけるべきだと思います。

 

 

とくに、コラーゲンサプリメントの場合は三ヶ月を目安にしてみましょう。

 

 

身体に吸収されにくいコラーゲンであったり、コラーゲンの量が少ない場合は続けていても変化を実感できない場合もあります。自分に合うものが見つけられるまで色々と試してみることも必要なのではないでしょうか。

 

 

塗って効果のある美容成分

コラーゲンと同じく、美容成分として有名なのがヒアルロン酸やセラミドです。
どちらも人間の身体の中にもともと存在している成分なので、コラーゲンと同じく化粧品で肌に塗っても
本来の効果には意味がないのではないか?と思われているかも知れませんね。

 

でもセラミドに関しては肌の表面で刺激や乾燥から守る役割があるので化粧品として使っても効果があります。
残念ながらヒアルロン酸に関してはコラーゲンと同じく、化粧品で塗ったとしても本来の効果を実感することは難しいでしょう。
ただ保湿としての効果はヒアルロン酸もコラーゲンも大きなものがあるので、
全く無意味ということではありませんので、肌の表面近くで働いてしっとり、ふっくらさせる効果はあるので大丈夫です。

関連ページ

コラーゲンの肌への効果って何があるのですか?
すっぽんやフカヒレでしられるコラーゲンには肌にどのような効果があるのでしょうか?コラーゲンを摂取した検証結果で肌への効果を調べます。
低分子コラーゲンサプリ【5選】※ハリ・たるみ対策
肌のハリや顔のたるみ対策なら低分子コラーゲンサプリが人気です。なぜ低分子コラーゲンが肌に浸透するのでしょうか?