ジェルクレンジング 敏感肌 人気

クレンジングジェルのメリットとデメリット

ジェルタイプのクレンジングは、とろみのあるジェルがメイクを吸着して落とします。

 

 

ジェルクレンジングは敏感肌にも人気が高い!

 

 

ジェルタイプよりもゲルタイプの方がドロッとしていますが、多少のテクスチャーの違いがあるだけで、ゲルもジェルもほとんど違いはありません。このページではジェルもゲルも同じものとして扱わせていただきます。

 

 

グレンジングジェルを選ぶことのメリットやデメリットを確認しておきましょう。

 

 

クレンジングジェルの特徴

 

ジェルにクレンジング成分を含ませていますから、ジェルを伸ばすと同時にメイクを浮かせるように粘着します。

 

 

オイルやリキッドとは明らかに使用感が違いますが、クレンジングジェルの特長としてはメイクとなじむと軽くなるので、メイクを落とす目安がわかりやすくなっています。

 

 

クレンジングジェルのメリット

 

クレンジングジェルは美容成分を多く含んでいて、メイク落としをしながら美肌になるというのをアピールしているタイプが多いです。

 

 

商品によってその特長は違いますが、メイクを落とすことでカサカサに乾燥したり、肌のバリア機能を失うリスクを軽減しながらメイクオフできるのがクレンジングジェルのメリットとして大きいでしょう。

 

 

リキッドやオイルよりも、メイク落とし時の摩擦が軽減できるのも、肌にやさしいと言われる理由。そしてクレンジングゲルは、ダブル洗顔不要なものが多いのもメリットと感じる方が多いですね。

 

 

クレンジングは肌に負担ということを忘れてしまいますね^^

 

 

 

クレンジングジェルのデメリット

 

クレンッジングゲルのデメリットは美容成分が豊富であることや、ダブル洗顔不要であることに惑わされてしまうことです。

 

 

じつは、クレンジングジェルは洗浄力が強いものが多いのです。ダブル洗顔不要にするために、油性のメイクもしっかりと一度で落とせるように強い洗浄力が必要となるからです。

 

 

美容成分が配合されているとしても、美容成分ではメイクを落とせませんからね。まるで美容液みたいな成分のクレンジングだとしても、美容成分はメイク落としには何の役にも立たないので意味がないのです。

 

 

しっかり汚れを落としてから、美容成分を与える方が肌には負担をかけないという考え方もあるのです。美容成分によって洗浄力が落ちてしまうと、逆にメイク汚れを残すリスクもあるのです。

 

 

クレンジングジェルにはメリットもデメリットもあるので、クレンジングを選ぶ時には使用感やメイク落ち、利便性だけじゃなく、洗い上がりの肌のつっぱり感などもしっかりチェックするようにしましょう。

 

 

以上、クレンジングジェルの紹介とメリットデメリットでした!あなたにぴったりのクレンジング選びの参考にしていただけたら幸いです。