ダブル洗顔 敏感肌

敏感肌にダブル洗顔は敏感肌にNG?それとも

クレンジングでメイクを落とした後に、洗顔料を使用して顔を洗うことをダブル洗顔と言います。

 

 

オイルタイプを代表とする油性クレンジングの場合は、何度すすいでもヌルつきが残るのでダブル洗顔は必要になります。それに、クレンジングの油分を肌に残したままにしておくと、その油分が肌の膜となってしまい、その後のスキンケア成分の浸透を邪魔してしまうんです

 

 

ただ、一方ではダブル洗顔をすることは肌に大きな負担をかけることになるから敏感肌には絶対NGだと思っている人が多いはず。美容家でも、そのようなことを言っている人が圧倒的に多いんですよね。

 

 

でも、実は根強いダブル洗顔推奨派も存在しているようで、ダブル洗顔をして、きっちりメイクと汚れを落としてから水分と保湿成分、そして栄養を補給してあげることが肌を元気にする基本だとよく聞きます。

 

こうなると、どちらが正しいの?って迷いますよね…

 

 

どちらも正しいように感じてしまいますが実はどちらも正しいのです

 

 

クレンジングには界面活性剤と言われるものが入っていますが、この界面活性剤は油性の原料を使うものなので、ダブル洗顔をしないと肌に油分が残ってしまうんです。

 

 

ですのでダブル洗顔をすることは、ダメというわけではないんですね。ただ、ダブル洗顔をする場合に気をつけたいことは、洗顔料の選び方です。ここでもまた、洗顔料に界面活性剤が入っているものを使用すると、

 

 

ダブル洗顔=ダブル界面活性剤

 

 

となり、肌のうるおいが奪われます。どうしても、クレンジングの後にダブル洗顔が必要なら、敏感肌の女性のことを考えてくれている石鹸を使うべきです。

 

 

私は「どろあわわ」「タナカミネラルソープ」「ディセンシアつつむ」等多くの洗顔石鹸を試してきましたが敏感肌用の洗顔は、肌にやさしい成分がたっぷり♪
界面活性剤を使っていない固形石鹸なら、肌へのダメージはさらに軽減できます。

 

 

 

洗うときにも、ゴシゴシこするのではなくきめ細かい泡でやさしく包むように洗ってください
そうすればダブル洗顔が絶対にダメというわけではないのです。

 

 

ダブル洗顔が悪者のように言われていますが、ひとつのクレンジングでメイクの汚れと、肌の汚れや老廃物を一気に落とせる「ダブル洗顔不要」は洗浄力が非常に強い界面活性剤が必要になります

 

 

ダブル洗顔不要のクレンジングは、肌にやさしいというのは全てに当てはまるわけじゃないんです。ダブル洗顔の是非について、あまり難しく考えるよりも、クレンジングと洗顔の目的は汚れをしっかり「落とすこと」という基本を忘れないようにしましょう。

 

 

ダブル洗顔については、本当に色んな情報が飛び交っています。何か正しいかを判断できるのは、自分の肌だけ!ということを忘れずにクレンジング、洗顔を選んでいきましょう。

 

 

【合わせて読みたい記事】

 

どろあわわのレビューページ

 

ディセンシアつつむのレビューページ

 

 

次ページ 肌の善玉菌