ドモホルンリンクル 肌

ドモホルンリンクルはホントに肌にやさしいの?

年齢肌化粧品としては日本でもトップクラスの人気があるドモホルンリンクルですが、肌へのやさしさという点についてはあまり知られていないことだと思います。

 

再春館製薬という製薬会社が作っていて、古くから伝わる和漢植物を数多く使用しているドモホルンリンクルなので、当然のことながら肌に不要なものは入っていないと思い込んでいる人が多いのかも知れません。

 

しかしドモホルンリンクルの評判をネットで検索してみると、めちゃめちゃ高い割には石油系成分を使っていて敏感肌には危険という声も。化粧品に求められる安全性は、時代とともに変化しています。過去にさかのぼって調べるのは難しいですが、現在のドモホルンリンクルはどうなのでしょう。石油系成分に使用について探ってみました。

 

 

【ドモホルンリンクルに入っている天然以外の成分とは】

 

ドモホルンリンクルの化粧品のなかには、天然由来の成分でないものが3つ使用されています。

 

1、BG
2、シリコン油
3、LPG

 

この三種類の成分だけが天然以外の成分です。

 

具体的にこの成分がどのようなものか調べてみました。

 

・BGとは?
アルコールの一種で保湿効果のある成分です。
グリセリンと比較しても毒性が低いので、安全性の高い成分です。
植物などから有効な成分を抽出するためにも使用されるもので、多くの化粧品に配合されています。抗菌、防腐の作用があり、エタノールよりも刺激の少ないものなので危険な成分ではありません。

 

 

・シリコン油とは?
シリコンオイルはコーティングの役目をするシリコンの特性を持っています。クリームや乳液などに配合されることが多く、肌になじみやすくさせる作用があります。

 

 

・LPGとは?
液体のガスでムース状の化粧品などに使用されます。
きめ細かいムース泡を作るために使用されるもので、天然由来の成分では代用できないものです。

 

 

ドモホルンリンクルでは、この3つの成分についてハッキリと明記しています。シリコン油とLPGに関しては、一つの化粧品にだけ使用されているものです。その化粧品の特長を最大限に引き出すために使用しているということでしょう。

 

いずれの成分も安全性が高いことを検査した上で必要最小の量を使用しているのです。植物エキスでこのような成分の働きを補えるようになれば、どんどん置き換える研究をしているということなので、過去のドモホルンリンクルで使用されていた石油系成分は現在では他の天然成分に代わっている可能性もあります。肌へのやさしさを追及する研究は、現在も続けられていることは間違いないようです。