ニキビ※敏感肌でも安心して使える化粧水で改善!

敏感肌のスキンケア〜正しい化粧水の使い方

 

お肌のお手入れは、洗顔やメイク落としなど、汚れをオフすることと、
化粧水や美容液などで与えるオンのお手入れがあります。

 

敏感肌の場合は、洗顔方法やクレンジング選びによってお肌のトラブルを軽減できるのですが、
化粧水の使い方については、あまり気にしていないのではないでしょうか。

 

化粧水は、とにかくたっぷり与えればそれでいいんじゃないの?と思っていた私です。

 

でも、化粧水の使い方にも一工夫をしてみると肌が改善できる可能性もあるんですよ。

 

化粧水は、洗顔後に時間を空けずにできるだけ早く使うことが良いです。
この頃は、洗顔料やクレンジング剤も保湿成分を多く含んでいるものが増えているので、
洗顔後にあわてて化粧水をつけなくても、問題ないと勘違いしている人もいるようですが、
いくら保湿成分を含んでいるとしても、洗顔料を使い、しかも何度も水ですすいだ後の肌は
うるおいを無くしているので、とても無防備な状態です。

 

そんな無防備な状態では、些細な刺激(ホコリや繊維刺激)でも過敏に反応してしまうんです。
つっぱったり、カサついた感じがなくても、できるだけ早く化粧水でうるおいを与えてあげましょう。

 

そして、化粧水のつけ方ですが、コットンを使用する派と、手で使用する派に分かれますね。
コットンで化粧水をつける方が、肌にやさしい感じがするのでしょうか。
でも、肌にはコットンの繊維は異物です。
何度もコットンで肌を摩擦するのは、デリケートな肌には刺激が強過ぎます。

 

好みがあるでしょうけど、私はやはり手でつける方が肌には良いと思っています。
もちろん、もの凄く上質なコットンを使用すれば話は別なのかも知れませんが。

 

化粧水のつけ方は、色んな説がありますよね。
パシャパシャと、叩きこむように浸透させるのが良いという美容家もいますし、
やさしく押さえるように、浸透させるのが良いという美容家もいます。

 

朝は肌を目覚めさせるために、パッティングして、夜はやさしく押さえこむようにすると良いとか。
どちらが正しいのか、それはハッキリわかりません。

 

情報が多すぎると、何が正しいのかわからなくなってしまいます。
私も若い頃は、叩きこむようなパッティングが肌を覚醒させると信じていた時期もありました。
でも、肌を守る角質層はとても薄いので、強い刺激は避けた方が無難だと思っています。

 

少量ずつ、手の平全体を使ってハンドプレスするようにゆっくり馴染ませること。
それを何回か繰り返して、たっぷりとうるおいを与えてあげるのが、お肌へのいたわりです。