ビタミンCの弱点に美肌のカギがあった

ビタミンCの弱点に美肌のカギがあった

ビタミンCと肌との関係は、抗酸化作用によるアンチエイジングに関わってきます。
この抗酸化作用は、ビタミンCが持ってる弱点とも言える酸化しやすいという特長が生み出すものなんです。

 

その仕組みを探ってみましょう。

 

【抗酸化ってどうゆうこと?】

 

生きていると老化するのは当たり前なのですが、その老化を早める原因とも言われるのが活性酸素によって細胞がダメージを受けることが大きいのです。
活性酸素は普通に呼吸するだけでは発生します。
なぜ活性酸素が発生してしまうのか、それは人間の体の中の免疫と関係します。

 

老化を早めてしまう活性酸素ですが、全くムダなものではありません。
体内に侵入した有害なものを攻撃するために発生するという役割もあるので、全く無用なものとも言えないのです。
ところが、私たち人間はストレスを抱えたり、有害な物質を大気にまき散らしてしまい、汚染物質を含んだ大気の中で呼吸をしたり、さらには活性酸素を大量に発生させるタバコを吸ってみたり・・。
有害なものを攻撃するための活性酸素は必要ですが、必要以上に大量発生させてしまうので、正常な細胞を攻撃するような悪者になってしまうんです。

 

抗酸化というのは、必要以上に発生して細胞にダメージを与える活性酸素を除去する効果のことを言います。
ビタミンCには抗酸化作用があるので、体内でも肌でも、老化を防止するためにも大切な働きをしてくれるんです。

 

【ビタミンCの弱点が抗酸化へ】

 

ビタミンCの弱点と言えば熱に弱いことと、酸化しやすいということ。
この酸化しやすいという弱点が、抗酸化に効果を発揮するわけです。

 

活性酸素に酸化しやすいビタミンCは活性酸素にも敏感に反応して酸化します。
わかりやすく言えば、ビタミンCは自らを犠牲にして活性酸素とくっついて活性酸素を除去するわけです。
美容のメリットだけでなく、ビタミンCが幅広い効果があると言われるのは、この抗酸化がとても優れているからなんですね。

 

自分の弱点を長所に変えることで老化を防止してくれるなんて、ホントに素晴らしいビタミンです。
しかもビタミンCはとても摂取しやすい身近な栄養なのも嬉しいことですが、化粧品として使用する場合は酸化しやすい弱点や浸透の問題などがあるので長所ばかりではありません。
弱点として変わらない点もあるので、正しく活用しないとムダになってしまうこともあるのです。
化粧品としてビタミンCを利用する場合の注意点は、少し詳しく知っておく必要があると思います。