ビタミンCの美肌効果

ビタミンCの美肌効果

ビタミンC(L-アスコルビン酸)は最強の美肌成分と言われています。コラーゲンやプラセンタ、セラミドなどなど美容成分は色々あってもビタミンCは欠かせません。

 

ビタミンCの美肌効果

 

 

ビタミンCが美肌作りにどのように関係するのか、その仕組みを探ってみましょう。

 

目次

 

ビタミンCの主な作用

 

人間は体内でビタミンCを作り出せない動物です。しかし、ビタミンCに頼っている部分がとても多いのです。

 

 

ビタミンCには活性酸素による酸化を防止する抗酸化効果があります。活性酸素というのは呼吸をするだけでも発生しますが、紫外線を浴びたり、タバコを吸ったり、アルコールを飲んだり、汚染された環境で過ごすことなどで大量に発生してしまいます。適量の活性酸素ならば体に悪ではありませんが、大量に発生することで体に悪いものとなってしまいます…

 

 

活性酸素が体内に大量に発生すると、正常な細胞を攻撃して酸化させてしまいます。その影響で老化を早めてしまうということがわかり、抗酸化こそ若返りのカギと言われるようになりました。

 

 

抗酸化作用のあるものはポリフェノールが有名になりましたが、じつはビタミンCの抗酸化力もスゴイのです。活性酸素による酸化は、肌の細胞にもダメージを与えてしまうのでビタミンCを摂ることは美肌作りの基本なのです。

 

ビタミンCの美白効果

 

 

ビタミンCの美肌効果

 

厚生労働省が美白効果を認可した成分の中にはビタミンCを浸透しやすく精製したビタミンC誘導体というのがあって、ビタミンCにはシミやソバカスのもとになるメラニンの生成を抑える効果があります。

 

 

私たちは紫外線を浴びると、角質層の深いところにあるメラノサイトというところからメラニンが作られます。そのメラニンが徐々に角質層の上に浮き上がってきてシミやソバカスとなります。

 

 

白くて美しい肌を保つためにはメラニンの生成を抑えなくてはいけません。その役割をビタミンCが担っているのです。ビタミンCの美白効果はシミ・ソバカスを予防する美白効果が期待できるということになります。

 

 

ビタミンCは体の内側からも外側からも必要

 

後述しますが、ビタミンCを食物からたっぷり補ったとしても、肌にまで届くビタミンCは限られています。

 

 

そのためにビタミンCを外側から補うことを目的として化粧品にビタミンCが配合されているんです。しかし、ビタミンCの欠点として、空気に触れると酸化してしまうことや変質しやすくて肌に浸透しにくいということがありました。

 

 

そのようなビタミンCの欠点をカバーするために作られたのがビタミンC誘導体です。

 

 

ビタミンCの抗酸化効果や美白効果を実感するためには、体内のビタミンC不足を起こさないように毎日たっぷりと補うこと。

 

 

そしてスキンケアにもビタミンCを取り入れること。とくに身体の中のビタミンC不足によるお肌のトラブルは、スキンケアでビタミンCを外側から補っても改善されません。

 

 

外側からも、内側からもビタミンCの補給は怠らないようにして美肌作りに励んでいきましょう。

 

 

ではビタミンCを体の内側(食べ物・サプリ)の場合と外側(化粧品)でどれくらい美肌効果に違いがあるのでしょうか?

 

 

食べ物やサプリでビタミンCを摂った場合

 

 

ビタミンCの美肌効果

 

ビタミンCは化粧品で補うよりも、食品で補う方が美肌には効果があるという説があります。しかし、これは正しいとはいえないのです。

 

 

というのも、ビタミンCは身体の中にはいると大量に消費されます。活性酸素を除去するためにどんどん消費されるので肌に届くものはほとんどありません。

 

 

とくにストレスの強い生活を送っている人、1本で大量の活性酸素を発生させる喫煙習慣のある人、空気の汚染された場所で暮らす人などは毎日大量にビタミンCを摂ったとしても足らないくらいです。

 

 

活性酸素の発生をできる限る少なくするように注意して生活していたとしても、肌に届いて働くビタミンCは3%以下といわれています。

 

 

しかも、ビタミンCは体内に溜めこむことはできないんです。

 

ビタミンCのサプリメントを大量に摂取したとしても、ビタミンCは水溶性なので身体の中で大量に消費されながら、尿と一緒に排出されるものもあるので蓄積させることができないんです。

 

 

ですので、ビタミンCは継続して摂り続ける必要があるので、食べ物で補う方が化粧品で与えるよりも有効というのはビタミンCの場合は当てはまるわけではありません。

 

 

しかし、体内のビタミンCが不足してしまうと免疫力が低下してしまいます。その結果、肌や粘膜も炎症を起こしやすい状態になるので、体内のビタミンCが不足することは肌にも無関係とはいえません。

 

化粧品でビタミンCを補う場合

 

 

ビタミンCの美肌効果

 

ビタミンCは水溶性という特徴があります。そのため、お肌に与えると肌がもともと持っている保湿のバリアではじかれてしまいます。

 

 

肌の中に浸透させるためには、保湿のバリアを通り抜けるような状態になっていなければ無理なんです。

 

 

しかもビタミンCは空気に触れると酸化しやすいので、肌に浸透しないまま酸化してしまえば意味がありません。

 

 

ビタミンC誘導体という成分はビタミンの特徴をそのまま生かしながら浸透しやすいように開発されたもので、肌の角質層まで浸透しやすい特徴があり、しかも酸化しにくくなっているため化粧品に配合する場合はビタミンC誘導体となっているのです。

 

 

 

■ビタミンC誘導体の進化

 

水溶性ビタミンC誘導体と脂溶性ビタミンC誘導体のメリットの部分を併せているのが高浸透型ビタミンC誘導体です。どちらの長所も持っているので、従来のビタミンC誘導体よりも美肌効果が高いものです。

 

浸透しやすく、長時間効果効果を発揮し、さらには酸化しにくいというビタミンCの弱点をカバーすることに成功しています。

 

 

美肌になるためには、化粧品と食品の両方でビタミンCを補うことが必要だということです。どちらかで摂っているからそれで大丈夫ということではないので、外側からも内側からも充分なビタミンCを与えてあげるのが美肌になるためのポイントです。

 

サプリメントのビタミンCの選び方にも注意

ビタミンCのサプリメントには天然ビタミンCと合成ビタミンCがあります。

 

 

ビタミンCの美肌効果

 

 

一見すると天然ビタミンCの方が安全で身体にも良さそうな感じですが、原料が天然だとしても製造段階で石油原料を使用している場合もあります。合成ビタミンCの場合は原料そのものが化学的に作られたものです。

 

 

サプリメントのメリットは、食事だけでは摂ることが難しい栄養を補うためのものであり、それを栄養補給のメインにすることはあまり良いこととは言えません。

 

 

ビタミンCは比較的摂りやすいビタミンなので、食事で補いながら不足する部分をサプリメントでサポートするようにしましょう。ビタミンCが不足する原因は別ページで記載しています。※参考 ビタミンCが不足する原因