ビタミンC不足 原因

ビタミンcが足らないと肌にどんな影響があるのでしょうか?

ビタミンCが不足すると肌にはこのような症状が現れます。

 

 

■ターンオーバーがうまく行われない
■乾燥のによるシミ・しわ
■ニキビができやすい
■ニキビが治りにくい
■髪のうねり

 

 

ビタミンCは水溶性の成分ですので、体に蓄積されることなくどんどん体の外に排出されていきます。もともと不足しがちといわれていますが、自らビタミンCを不足させてしまう原因を作ってしまう場合もあります。

 

 

喫煙によるビタミンの消費

 

タバコを1本吸うと、ビタミンCは25mg〜100mgも破壊されてしまうんです

 

 

これはタバコに含まれる有害な成分によって大量に活性酸素が発生してしまい、それによってビタミンCも大量に消費されてしまいます。タバコを吸ってキレイな肌を維持することなんてほとんど不可能だと思ってください。美肌を維持したいなら一日も早く禁煙することです。

 

 

自分自身が喫煙していなくても、他人のタバコの煙を吸うだけでも活性酸素は発生します。タバコの煙からは逃げるようにするのがビタミンCをムダに消費しないことになります。

 

 

アルコールによるビタミンCの消費

 

お酒を飲む機会が多い人は肝臓に負担をかけるので健康のためにもほどほどにってことは、皆さん聞いたことがあると思いますが、実はお酒の飲みすぎはお肌にもよくありません…なぜかというと、

 

 

飲んだアルコール成分を分解させるためにビタミンCが消費されるからです。

 

 

お酒を飲み過ぎた時に二日酔いになるのは、アルコールを分解した時に発生するアセトアルデヒトという有害な成分の仕業です。頭が痛かったり胸やけがしたり…

 

 

これを代謝するためにビタミンCが大量に必要になるので、お酒は程々にしておかないとお肌にも悪影響が出てしまうんです。

 

 

生活習慣によるビタミンの消費

 

■ストレスよるビタミンCの消費

 

ストレスを感じると抗ストレスホルモンが生成され、ビタミンCを大量費消費し不足の原因となります。

 

 

■外食によるビタミンCの消費

 

外食時のアルコールや、店内のたばこの受動喫煙や濃い味付けなどビタミンC を大量消費する環境が整っています。

 

 

ビタミンCは美肌には欠かせない栄養素です。皮膚のターンオーバーやホルモンの分泌を助け、シミ・しわ予防、鉄の吸収にも効果があります。※参考 ビタミンC誘導体がシミに効く理由

 

 

先程も書きましたがビタミンCは体内に貯めておくことはできないので、消費を抑えると同時に、毎日補うことが大切です。フルーツ類なら効率よくビタミンCを摂取できます。

 

 

ビタミンCは柑橘類・ベリー類・緑黄色野菜・レバー・牛乳等に多く含まれていますので積極的に取り入れていきましょう。また、ビタミンCはベータカロチン・ビタミンEと同時に摂取するとシミの解消の働きを大幅にアップさせてくれます

 

ベータカロチンは「にんじん」「ブロッコリー」
ビタミンEは「大豆」「アーモンド」

 

などに含まれています。