ビタミンC化粧品 選び方

ビタミンC化粧品の上手な選び方

日々進化している美容業界では、新しい美容成分がどんどん開発されます。しかし美容成分がいくら進化しても、ビタミンCほど万能な美容成分は無いと言われるほど幅広い効果を持っています。

 

ビタミンCは基礎化粧品には欠かせない美容成分と言っても良いと思いますが、これほどポピュラーになるとビタミンCにクローズアップした化粧品の選び方は難しくなってきます。あまりにも多くの化粧品に使用されるので、美容成分の脇役のような扱いになっていることもありますが、ビタミンCを主役とした化粧品選びをすることが美肌になるためのカギとなります

 

では、ビタミンCをメインとしている化粧品を選ぶ時のコツを調べてみましたので参考にしてください。

 

【新鮮であること】

 

ビタミンCはとてもデリケートなので酸化しやすいのが欠点です。化粧品に配合されるビタミンC成分も、製造後に酸化が早いので、できるだけ新鮮な状態で肌に届けられるように工夫されているものを選ぶこともビタミンC化粧品選びの大切なポイントです。

 

フリーズドライをしてビタミンCをパウダー状にしたものや、酸化を防ぐ容器に入っているものなど、各メーカーもビタミンCの欠点を改善するための技術の開発もしています。小さな容量のものを選び、早く使い切ることで酸化したビタミンCを使用するリスクを少なくすることができます。

 

 

【高濃度であること】

 

ビタミンCの効果をより実感するためには、配合されている成分の濃度も重要です。とくに化粧水のような基礎化粧品は、そのほとんどが水であるため、ビタミンCの効果を実感することはほぼ期待できません。ビタミンC誘導体の美肌効果を求めるためには、高濃度ビタミンC誘導体の美容液を使ってみることです。余計な成分を含まずに、シンプルにビタミンC誘導体をメインに選ぶことが大切です。

 

 

【浸透性が高いこと】

 

ビタミンC誘導体は浸透性はそれほど高いものではありません。できるだけ肌の奥まで届かせるためには、イオン導入などで浸透させる必要があります。しかしその中にも高浸透型ビタミンC誘導体APPSという浸透性を高めたビタミンC誘導体も開発されました。従来のビタミンC誘導体の100倍もの浸透性を持っているというので、今まで届かなかったところにもビタミンCのパワーを浸透させることができます。

 

 

【長時間働くこと】

 

ビタミンC誘導体はできる限り長く肌で働くものを選ぶことで美肌効果を上げられます。そのためには、水溶性ビタミンC誘導体だけではなかなか難しいものです。角質層の中の水分に溶け出して広がってしまうことで、ビタミンCの効果が長く続きません。脂溶性ビタミンC誘導体の長時間の持続力を取り入れることもビタミンCの美肌効果を高めることができます。

 

以上、ビタミンC化粧品を選ぶ参考になさってくださいね^^