ビタミンC誘導体 シミ 消える

ビタミンC誘導体の効果とは?

ビタミンC誘導体と呼ばれる美容成分は、厚生労働省が認可している薬用美白成分の中にも含まれるものです。ビタミンCがシミに効くと言われているのは、美白化粧品に配合されていることが由来なんです。

 

 

目次

 

 

ビタミンC誘導体とは

 

美肌ビタミンの代表格であるビタミンCですが、既存の基礎化粧品にはかなり高い割合で配合されています。ビタミンCを化粧品に配合することで美白成分として働き、コラーゲンの生成を助けるなど美肌効果が期待されます。しかし実際に配合されているのは、ビタミンCという成分ではなく、「ビタミンC誘導体」という成分になっています。

 

 

ビタミンCを肌に浸透させることはとても難しいことですので、、もっとお肌に浸透しやすいビタミンCを作り出せればという美容業界の試行錯誤の結果、ビタミンCの浸透を安定化させたものがビタミンC誘導体と言われているものです。

 

 

ビタミンC誘導体にも色々なタイプのものが生み出されていますので紹介しますね。

 

水溶性ビタミンC

 

一般的に販売されている化粧水や美容液などに配合されているビタミンC誘導体は水に溶けるタイプのビタミンC誘導体です。肌に付けやすいのがメリットですが、水溶性のため肌の中の水分で溶け出してしまい深いところまでは届きません。イオン導入美顔器などを使うことで、浸透性を高くすることはできます。

 

 

デメリットとしては、肌のデリケートな人には刺激を与えてしまう可能性もあります。

 

脂溶性ビタミンC誘導体

 

脂溶性ビタミンC誘導体はスキンケア製品の中でも油脂性のものに含まれ、クリームや乳液などコクのある化粧品に使用されています。メリットは時間をかけてゆっくりと浸透していくので、ビタミンCの効果を長く持続できることです。

 

 

デメリットとしては浸透に時間がかかることでしょうか。水溶性ビタミンCよりも刺激がないので、敏感肌の人にも使いやすいという違いがあります。

 

水溶性と脂溶性の両方の特性を持つビタミンC誘導体「APPS」(アプレシエ)

 

水溶性ビタミンC誘導体と脂溶性ビタミンC誘導体には、どちらにも長所と短所があります。肌の中で素早く溶け出す水溶性と、時間をかけてゆっくりと肌の奥まで届く脂溶性。

 

 

この2つのタイプのビタミンC誘導体の長所を兼ね備え、しかも浸透性を高めることができれば最強のビタミンC誘導体です。高浸透型ビタミンC誘導体として話題になっているAPPSという美容成分は、水溶性と脂溶性の両方の性質を併せ持っています。

 

 

しかも浸透力は従来のビタミンC誘導体の100倍もあるのです。さらにAPPSは刺激がほぼないので、敏感肌の人にも安心して使えるというメリットもあります。

 

 

ただし、このAPPSは変質しやすいという欠点がありました。そのため、市販の化粧品ではあまり使用されることがありませんでしたが、最新の美容製品にはAPPSの質が安定するように改良されたものが配合されるようになり、今まで以上にビタミンCのの美肌効果を実感できるように進化しています。

 

 

ビタミンCの美肌効果をもっと実感したい!という方はAPPSを配合しているものを選んでみて下さい。また、組み合わせると相性のいい美容成分をご紹介しますのでAPPS化粧水を選ぶ参考にしてください

 

高浸透型ビタミンC誘導体との相性のいい組み合わせ美容成分

 

高浸透型ビタミンC誘導体APPSは、ビタミンCを酸化しにくく安定化させた従来のビタミンCよりも、約100倍もの浸透力を持っていて、しかも長時間しっかりと働きます。

 

 

水溶性ビタミンC誘導体の長所を持ちながら、油溶性ビタミンC誘導体の長所も持っています。2つのタイプのビタミンC誘導体の長所だけを合わせた最強のビタミンC誘導体なのです。

 

 

今までのビタミンC誘導体との違いを実感できる美容成分として試す価値はあると思います。そんな高浸透型ビタミンC誘導体APPSと相性の良い美容成分をご紹介します。

 

フラーレン

 

フラーレンはノーベル賞を受賞したほどの優れた物質で、フラーレンが持つ美容効果は抗酸化作用がもっとも大きいです。抗酸化力はビタミンCの100倍とも言われています。

 

 

しかもフラーレンは成分がとても安定しているのです。多くの抗酸化成分が酸化しやすいという欠点を持っている中で、化粧品に配合されても成分が安定しているというのはとても大きな特徴です。

 

 

高浸透型ビタミンC誘導体APPSは従来のビタミンC誘導体よりも酸化しにくいのは確かですが、時間が経過することで酸化しやすいという性質は完全にはなくなっていません。

 

 

APPSと一緒にフラーレンが配合されていることで、活性酸素をパワフルに除去してくれます。さらにフラーレンには、健康な細胞が死滅するのを防ぐというスゴいパワーもあります。肌細胞が正しいリズムで生まれ変わるためにも良い作用を持っているのです。

 

機能活性型ビタミンE誘導体TPNA(酢酸トコフェロール)

 

美容業界で注目されているビタミンE誘導体TPNAとは、ビタミンEの機能を高めています。

 

 

機能活性型ビタミンE誘導体には、美白有効成分でもあるコウジ酸と同じくらいの美白効果があります。しかも日中に紫外線を浴びると、急激にビタミンEに変換する速度が速まり紫外線からのダメージをしっかり防ぐという特徴があります。

 

 

そして紫外線を浴びない夜には、時間をかけてゆっくりとビタミンEへ変換しながらお肌の修復をサポートし続けます。

 

 

このような1つで2つの効果を持つことから、機能活性型ビタミンE誘導体TPNAと呼ばれています。同じように1つで2種類のビタミンC誘導体の機能を持っているAPPSとも、とても相性が良いのです。

 

 

ビタミンCとビタミンEはお互いを助け合う抗酸化ビタミンなので、それぞれの機能を倍増させた新美容成分は何倍もの効果で肌を美しく育んでくれるのです。

 

 

APPSとフラーレン、そしてTPNAの3つの組み合わせの美容成分は、抗酸化と闘わなくてはいけない現代の女性には頼もしいものなのではないでしょうか。

 

 

 

 

そもそもシミとはどうしてできるのか、そしてビタミンCがシミに効くとはどんな効果なのでしょうか。

 

シミができるのはメラニンの仕業

 

シミはメラニン色素が黒くなり肌に沈着することです。シミにも色々種類がありますが、一般的には紫外線を浴びたことや老化が原因になるシミのことを差しています。

 

 

紫外線の中の波長がメラノサイトというメラニンを作る原因になる酵素を生み出す部分を刺激します。このメラノサイトで作られるチロシナーゼ酵素とアミノ酸物質のチロシンをメラニンに変換してしまうことでメラニン色素が作られます。

 

 

少し難しくなってしまいましたが、簡単に言えば紫外線を浴びたらシミを作り出していると考えて下さい^^

 

 

美白有効成分として認められている成分の働きは、メラノサイトでチロシナーゼが生成されるのをブロックするものや、チロシナーゼとチロシンが結合することを防ぐものなど、その段階が違うのですが基本的にはメラニンの生成を予防するというのが美白作用です。

 

ビタミンCの美白作用

 

ビタミンCがシミに効くのは、メラニン色素を作る原因となるチロシナーゼ酵素の働きをブロックする効果です。

 

 

紫外線を浴びた時にメラノサイトで生み出されるチロシナーゼは酸化酵素の一種なので、ビタミンCの抗酸化作用がチロシナーゼの活性化を防ぐことができるんです。

 

 

そしてもう一つの美白作用もあります。

 

 

ビタミンCはすでにメラニン色素となったものを還元する効果もあるです。

 

 

美白有効成分の多くはメラニンの生成を防ぐ予防美白というのがメインですから、メラニンを還元する作用のあるビタミンCはシミの定着を防ぐためにも期待できます。

 

 

ただ、黒化が進んでしまったメラニン色素は一般的な美白化粧品に配合されているビタミンC誘導体では還元することは難しいと思います。高濃度のビタミンC誘導体をイオン導入のような技術を利用して浸透させるなど、特別な方法を取り入れる必要があります。

 

シミが作られるまでの時間

 

紫外線を浴びてからメラニンが生成されるまでには3日程度の時間があるので、もしも不用意に日焼けしてしまった場合は、3日以内にたっぷりとビタミンCを肌に与えるようにしましょう。

 

 

そのタイミングは早ければ早いほどメラニンの生成を防ぐことができます。日常的に使用しているビタミンC誘導体入りの化粧品にプラスして、高濃度のビタミンCを与えることでシミになるのを防ぐことができます。

 

 

もちろんビタミンCの効果にも限界はあるので、シミを作らない基本は紫外線を避けることが何より優先です。

レモンやオレンジなどの柑橘類に含まれることでお馴染のビタミンCは、わざわざ化粧品で補わなくても良さそうなものですが、果物や野菜などに含まれるビタミンCをそのまま肌に与えたとしても、その状態のままでは浸透しません。

 

浸透しないだけじゃなく、酸化しやすいので肌に強い刺激を与える可能性もあるんです。
ビタミンCを摂る方法として、理想的なのはどんな方法なのか、その仕組みをもとに調べてみました。