クレンジング後 ホットタオル

クレンジングにもう一つホットタオルをプラスしてみる

肌にやさしいマイルドな洗浄力のクレンジングを使っている敏感肌の人は、
「やさしいのは良いけど、メイクや汚れが残りそう」という不安もつきものです。

 

洗浄力は強いのに肌にやさしいなんて、そんなクレンジングを見つけるのは簡単なことではありませんね(笑)

 

そんな敏感肌の方におすすめしたいのが、
クレンジングのあとにホットタオルパックをすることです。

 

湿らせたタオルをポリ袋に入れて、レンジで温めてホットタオルを用意します。
バームタイプやクリームタイプのクレンジングをした時には特におすすめです。

 

クレンジングをした後に、ホットタオルを顔にのせて数分間おきます。
こうすることで毛穴が開いてくれることで、毛穴の中に残ってしまう汚れも落としやすくなるというわけです。

 

ホットタオルで温めてからすすぎをするとダブル洗顔をしなくてもサッパリするので乾燥しやすい冬にはとても良いですよ。

 

 

 

洗浄力がマイルドなクレンジングでは、汚れが落とせないことが心配な方もホットタオルを使えば汚れも落としやすくなると思います。

 

ホットタオルを美肌ケアに取り入れている方はかなり多いと思いますが、毛穴の中の汚れを、クレンジングや洗顔料だけに頼らずに落とせる方法としてはかなり有効なのでまだ試したことがない方はぜひトライして欲しいです。

 

このホットタオルをスキンケアに取り入れるのは、毛穴の汚れを取る以外の効果も話題になっています。

 

ホットタオルで肌を温めてから冷水で顔を洗うことで、
肌の修復機能を高めるという方法です。

 

これは、美魔女の山田佳子さんも実践しているそうです。

 

ヒートショックプロテインというタンパク質に着目した美肌法です。ヒートショックプロテインというのは、紫外線などで傷ついた酵素を修復するタンパク質の一種です。

 

これを活性化させることで、肌の免疫細胞が強化できるわけです。温めてから冷やされる刺激を与えると増えるという特長があるため、ヒートショックプロテインと言われているそうです。

 

敏感肌の人は、免疫細胞の強化ができるならぜひ取り入れたい美肌法です。

 

肌にやさしいクレンジングを使っても汚れをきちんと落とすこともできて、肌の修復機能も高めることができるなんてまさに一石二鳥です^^

 

ホットタオルでお手入れをした後は化粧水の浸透も良くなるので、しっかりと水分を補い保湿もたっぷりと行いましょう。

 

 

敏感肌の人がホットタオルでお手入れを行う場合は、タオルは柔らかい素材のものを使うようにしましょうね。タオルの繊維が肌を刺激しないように、肌触りのやさしいものを使いましょう。

 

 

前ページ 肌の善玉菌 次ページ 肌のバリア機能が低い場合