リキッドクレンジング ランキング

リキッドクレンジングの特徴を知って正しく使う

目次

 

 

リキッドクレンジングランキング

 

セラムデュークリアウォーター

 

 セラムデューはオイルや洗浄成分、界面活性剤等は完全フリー!

 

美容成分100%の水クレンジングがメイクや皮脂汚れを瞬時に落とし毛穴の引き締まったなめらか肌に導きます!

 

 

■ 初回1,995円(税込)
■ 送料無料でたっぷり300mL
■ コットン12枚プレゼント

 

 

  

 

 

 

 

 

 

オルビス クレンジングリキッド

 

オルビスクレンジングリキッドはジェルタイプのクレンジング

 

ジェルタイプなので肌への摩擦が少なく、しかもノンオイルですから敏感肌の女性でも安心して使用していただくことが可能です

 

■1,440円(税込)
■返品・交換OK
■送料無料

 

 

 

 

 

 

 

 

リキッドクレンジングと特性

 

 

■オイルクレンジングを使い続けていると肌が老化するよ。

 

■オイルクレンジングは、肌のうるおいを奪うから乾燥肌になるよ。

 

■オイルクレンジングが敏感肌の原因を作るよ。

 

 

オイルクレンジングに対しては、色んなところで聞く怖い情報がありますよね?それを聞いてしまうと、オイルクレンジングを使ってメイクを落とすのは止めた方がいいかな…と思ってしまいます(笑)

 

 

特に有名な美容家さんがオイルはNGといえば怖くて使えません。

 

 

そんな噂が広まったのかどうかわかりませんが、オイルクレンジングと同じぐらいメイクがしっかり落ちて、オイルのようなヌルヌル感のないリキッドクレンジングが最近ははやっています。オイルクレンジングと比べてリキッドタイプのクレンジングの方が肌にやさしいのでしょうか?

 

 

 

リキッドクレンジングは水をベースにして作られています。水を主成分にして、油性のメイク汚れも水性のメイクもどちらも落とせる洗浄成分を使っています。

 

 

リキッドクレンジングのメリット

 

リキッドクレンジングは、サラサラとしたテクスチャーで使いやすさが最大のメリットだと感じる女性が多いでしょう。

 

 

手や顔が濡れていても使えて、油性にも水性にもなじみやすいので、ダブル洗顔をしなくてもメイクが落とせます。オイルのようにヌルヌルしないので、使いやすいのにメイク落ちはオイルクレンジングにも負けてはいません。

 

 

リキッドクレンジングは、オイルフリーがほとんどですが、水が主成分であればリキッドクレンジングと呼ばれてしまうのでそこは注意が必要ですね。

 

 

さらにリキッドクレンジングはすすぎが早く、その後の汚れが付きにくいという特長もあります。

 

 

キッドクレンジングなら、まつ毛エクステをしていても問題なく使えるものが多いので、マツエク愛用者はリキッドクレンジングを選んでいることも人気を高くしている理由だと思います。

 

 

 

 

リキッドクレンジングのデメリット

 

 

リキッドクレンジングは、肌に負担が少ないイメージが強いですが必ずしもそうとは限りません。

 

 

オイル成分を使わずに、油性のメイクを落とすためには、オイルよりも強力な界面活性剤を使っているリキッドクレンジングもあるのです。オイルじゃないから肌にやさしいと思い込んでいると大きな間違いになってしまうケースもあります。

 

 

肌へやさしいことを追求するとメイクを落とす能力が低いので、メイク汚れを残してしまいますからクレンジングとしては失格でしょう。メイクを落ちを追求するとどうしても肌への負担は増えてしまいます。

 

 

もし、リキッドクレンジングを使うようになってから肌が乾燥しやすくなったと、いうことがあるなら、そのリキッドクレンジングの洗浄力は強すぎる可能性があります。

 

 

オイルフリーにはメリットもデメリットもあるので、クレンジング後の肌の状態をチェックして選ぶようにしてください。油性と水性の汚れを一気に落とすことは、かなり強い洗浄力だということをお忘れなく。