敏感肌 おすすめ ボディーソープ

無添加ボディーソープは敏感肌にも安心!

毎日のお風呂で使うボディーソープだから安心して使えるものを選びたい!こんな思いは誰にでもあることだと思います。

 

 

特に敏感肌の方はかゆみや肌荒れの心配がありますからボディーソープ選びも大変ですよね。このページでは敏感肌・乾燥肌・アトピーの方でも安心して使っていただけるボディーソープやボディーソープの選び方などをご紹介できればと思います。

 

 

あなたのボディーソープ選びの参考にしていただければとい思います。

 

 

敏感肌とは乾燥によって肌が刺激に弱くなっていることや、もともとアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎を起こしているなどデリケートな肌質を全般的に表現する言葉です。

 

 

敏感肌の原因を突き止めて改善するのは簡単なことではないので毎日のスキンケアが重要です。敏感肌におすすめのボディソープとはどのようなものを選んだら良いのでしょうか?

 

 

肌にやさしい洗浄

 

カラダや顔を洗う時に使用する洗浄剤のなかで、一番肌にやさしい洗浄成分なのは「石けん」です。

 

石けんは脂肪酸炎によって作られるもので、肌につけて皮脂と混ざると弱酸性になります。
そして、界面活性剤がなくなりますから、洗った後にも肌にやさしいのです。石けん以外の洗浄成分は、洗い流した後にも界面活性剤が肌に残ってしまうのです。それはかなり肌に負担があるわけです。

 

 

でも、これは健康な肌質の人のことです。乾燥性敏感肌などデリケートな肌質の人は、皮脂の分泌量が少ないので、石けんを使ってもアルカリ性が刺激になってしまうことがあります。

 

 

健康な肌の人なら、自分の肌で弱酸性に戻す力が働くのですが、敏感肌ではその力が弱まっているので、ボディソープ選ぶポイントも健康な肌の人とは違うのです。

 

敏感肌におすすめの洗浄成分

 

敏感肌におすすめのボディーソープを選ぶポイントは、洗浄成分にアミノ酸系、もしくはグルコシド系といった洗浄成分を使用しているものを選ぶことです。

 

 

アミノ酸系、グルコシド系の洗浄成分も界面活性剤なので、肌に残留することはあります。ただ、合成界面活性剤にように、肌に残ったとしても角質層を剥がしたり荒らすようなリスクが少ないので肌への刺激が少ないのです。

 

 

アミノ酸洗浄成分にはココイル○○、ラウロイル◯◯など。少し泡立ちにくいのがデメリットですが、肌への刺激は少ないので乾燥性敏感肌にはおすすめです。

 

 

グルコシド系は、グルコースという糖の成分から作られています。アミノ酸系と同じように使用感もやさしく肌をカサつかせません。

 

 

保湿成分にも注目

 

敏感肌の人は肌のバリア機能に働くもっとも重要な成分、セラミドが少なくなっている傾向があります。そのため、セラミドを補うと症状が改善されることがあるのでボディーソープにもセラミドを配合しているものが多く見られます。

 

 

ただ、ボディーソープに配合されたセラミドは洗い流した後は肌に残りにくいものなので、ボディーソープに含まれる保湿成分だけでは敏感肌の人には不十分です。保湿は洗浄後のケアも合わせて行うようにしましょう。