敏感肌 ハイドロキノン

敏感肌でもハイドロキノンは使用可能なのでしょうか?

 

敏感肌の人は些細な刺激で炎症を起こしやすくて困りますね。
しかも、炎症を起こしてしまうとメラニン色素が増えやすいという、さらなる困り事が出てきます。

 

シミに悩む敏感肌の方がハイドロキノン配合の化粧品を使っても大丈夫なのか、敏感肌に悩む人たちの声を集めてみました。

 

・目尻のシミが濃くなり、ハイドロキノンクリームを使っています。
 ハイドロキノンは肌が弱い人には使えないという話を聞いていたのでビクビクでしたが、
 配合している濃度が薄かったおかげで問題なしでした。
 でも、シミはほとんど変化はないので、やっぱり薄いものじゃ効かないのかも。

 

・敏感肌でも使えるハイドロキノンという広告を見て試してみたけど、やっぱりダメ。
 肌にヒリヒリしてかゆみが出てしまいました。
 個人差があるでしょうけど、敏感肌の人は注意した方が良いと思います。

 

・市販のハイドロキノンコスメは心配だったので、皮膚科医で処方してもらいました。
 1ヶ月で使い切らないとダメ、目の近くには使わない、続けて処方はできないなど
 色んな規制があるので、やっぱり扱いが難しい成分なんですねぇ。
 1ヶ月使って、黒っぽいシミが黄色のような状態になってきたので、もうすぐ消えそうな感じです。
 ちなみに、花粉症の季節には肌がヒリヒリする敏感肌タイプです。

 

 

このように、敏感肌の人でも使用するハイドロキノンの濃度や化粧品の違いによって効果の感じ方や、
肌へ及ぼす影響はそれぞれなようです。

 

 

敏感肌の人は、いきなり濃度の高い(3%以上)の化粧品を使うのは避けることをおすすめします

 

アンプルール「白肌体験」トライアルセットは新安定型ハイドロキノンという成分で敏感肌の女性でも安心してシミのケアができます。6,500円相当が→特別価格 1,890円(税込)という事でしたので購入しましたのでぜひアンプルールのレビューもご覧いただければと思います。

 

アンプルールのレビューはコチラから

 

 

 

 

 

 

リスクのある美白成分だということを忘れないように、何か問題が起きたとしたら直ぐに使用を中止しましょう。

 

副作用のリスクを軽減する注意点としては、成分が変化しやすいので短い期間で使い切れるようにすること。そしてハイドロキノンを使用している間は、紫外線による影響が大変深刻になります
紫外線を浴びて、肌を守るために生成させるメラニン色素を作るメラノサイトの働きが制御されるからです。

 

ハイドロキノン使用中は、紫外線を浴びないように、細心の注意を心がけるようにしてください。

 

 

ハイドロキノンは使用する上で注意することも多く、特に敏感肌の人はリスクを覚悟の上で使用しなければいけません。そう考えると、ハイドロキノン配合の化粧品を使用しなければいけないシミを増やさないように努力することが大切だと感じます。もっと安全に、しかも手軽に行える美白ケアで満足できるような肌をキープすることが、敏感肌に最適の美白だと思います。