敏感肌 酵素洗顔

敏感肌でも安心してできる酵素洗顔

肌の乾燥などの理由で角質が厚くなってしまい、肌のターンオーバーがうまくできなくなってしまうことがあります。ターンオーバーがうまくできないと「肌のくすみ」の原因となります。古い角質は新しい角質よりも黒いためにくすんでしまうのです。

 

 

特に敏感肌の方は角質が厚くなりがちですので注意が必要です。

 

 

角質を取り除くはタンパク質でできているため、油を分解するための普通の洗顔料ではこの角質層を取り除くことは難しいのです。

 

 

そこで酵素洗顔が役に立ちます。

 

 

酵素洗顔料の中に入っている酵素には、たんぱく質を分解する働きがあります。その酵素で古い角質を分解して取り除くことでくすみの無い透明感のある肌へと導いてくれます。

 

 

酵素洗顔の効果

 

酵素洗顔は毛穴とも深い関係があります。

 

 

あなたも毛穴の汚れや目立つ毛穴の悩みは少なからずあると思います。気になる毛穴の汚れを取るためにパックでケアしすぎていませんか?必要な皮脂まで奪い取ってしまったら、皮脂分泌がさらに活発になってしまいます。

 

 

 

適度なパックに切り替えて、毛穴の周りの角質が暑くならないようすることも考えましょう。毛穴の周りの角質が柔らかくなることで毛穴が目立たなくなる効果も実感できるはずです!

 

 

 

酵素洗顔の注意点

 

酵素洗顔での角質ケアは古いものだけを取り除くわけにはいきません。新しい角質まで洗い流してしまう可能性もありますので注意が必要です。敏感肌の方は、まず週に1回のペースで初めて見ることをおすすめします

 

 

くすみがとれて肌が白くなるのは嬉しいですが、それが気持ちよくなって毎日角質を除去してもどんどん肌が白くなっていくわけではありません。毎日使用可能の酵素洗顔料であっても、毎日使うことはあまりおすすめいたしません。特に敏感肌の女性は毎日の使用は避けた方がいいでしょう。

 

 

 

酵素洗顔を使ってもくすみが落ちない原因

 

 

角質を除去する成分を配合した酵素洗顔料を使ってきちんと洗顔しているのに、それでもくすみが落ちない肌は、肌の糖化や酸化が原因でくすんでいることが考えられます。

 

 

角質が古くなっても剥がれないことがくすみの原因ではないのなら、どんなに頑張って酵素洗顔をしてもくすみがクリアになりません。肌の糖化と酸化を防ぐスキンケアやインナーケアをしてみると、明るい肌になる可能性があります。

 

 

 

角質ケアと洗顔を分ける考え方

 

古い角質を洗顔で落とすことができれば便利なのですが、古い角質は洗顔だけでは除去できないこともあります。

 

 

無理に洗顔で角質除去をするよりも、月に1回〜2回ペースでピーリングする方が肌に負担にならないので、無理に角質をゴシゴシ洗顔で落とすような強引なことはやめて、洗顔と角質ケアを分けて考える方が負担になりません。

 

 

洗顔は肌のお手入れの基本になることなので、洗顔や保湿や美白、エイジングケアや角質ケアまでできれば、そんなに嬉しいことはありません。でも、便利になればなるほど、肌にかかる負担も大きくなる危険も大きくなる恐れもあるので便利なことばかりに目を奪われないようにしてください。

 

 

特に敏感肌の方は注意が必要です。

 

<<前ぺージ 敏感肌の女性の顔の脱毛