敏感肌 毛穴ケア

毛穴の汚れは毎日のスキンケアでとれる!

毛穴の黒ずみ…
毛穴の開き…
ブツブツ毛穴…

 

女性の毛穴の悩みは年齢と共に大きくなってしまいます。色々な毛穴ケア方法はあるけど、敏感肌の女性って色々なものを試す勇気がなかなかで出ないんですよね^^;

 

 

私もそうなんですが(汗

 

 

そこでこのページでは敏感肌の女性でも安心してできる毛穴ケア方法を紹介していきますね。ぜひ、参考にしていただければと思います。

 

 

先に解決法を知りたいと思いますのでまずは解決法から。後で毛穴の汚れの原因や毛穴の開きの原因などを書いていきますのでお時間あればご覧ください。ご覧になりたい目次をクリックorタップでジャンプしていただけます。

 

 

エマルジョンリムーバーを使った毛穴ケア

 

エマルジョンリムーバーは本気で毛穴ケアをするためのコスメ。

 

 

毛穴ケアの方法としては、吸着力の高いパックをしたり、拭き取りローションを使ったりする方法があります。クレンジングや洗顔料にも、毛穴ケア効果が高いものもありますよね?

 

 

しかし、クレンジングはあくまでもメイクを落とす目的で使用するもので、洗顔料は汚れや古い角質、余分な皮脂を洗い流すことが目的です。

 

 

毛穴には、毛穴のためのリムーバーが必要だという点に着目して生まれたのがエマルジョンリムーバーです。ピーリングができない敏感肌の方でも、エマルジョンリムーバーなら安心して利用していただけますよ!

 

 

リ・ダーマラボを使った毛穴ケア

 

「リ・ダ―マラボモイストゲルクレンジング」毛穴ケアができるクレンジング!

 

敏感肌の毛穴ケアが簡単にできる方法!

 

 

 

モイストゲルクレンジングには極小のこんにゃくスクラブが配合されています。スクラブと聞くとツッパリ感を思い浮かべてしまう方が多いかもしれませんが、リ・ダーマラボはツッパリ感を感じません。

 

 

このスクラブが毛穴の奥の汚れ、古い角質を取り除いてくれます。メイク落とし、洗顔、毛穴ケアが一つで同時にできますが、キッチリメイクをした場合にはオイルクレンジングでクレンジングした方がいいでしょう。

 

 

ナチュラルメイクの場合にはリ・ダーマラボで毛穴ケア・クレンジングを同時に行うことをお勧めします。

 

 

>>リ・ダーマラボ公式ページへ

 

 

どろあわわを使った洗顔で毛穴ケア

 

敏感肌の毛穴ケアが簡単にできる方法!

 

どろあわわはその名の通り「どろ」で洗う洗顔です。
どろあわわの「どろ」とは沖縄産マリンシルト、国産ベントナイトという海底の泥に含まれている成分で、吸着力が高く毛穴の汚れもしっかりと洗い流してくれます。

 

 

オイルクレンジングでクレンジングをした後は洗顔をすると思いますので、どろあわわをご利用になると敏感肌でも安心の毛穴ケア洗顔が可能です。

 

 

 

今まで蓄積された毛穴の汚れを短期間でキレイにすることは難しいことです。ですが、少しの工夫をプラスしてみると少しずつ毛穴の汚れもキレイになっていくはずです。結果を焦るとなかなか満足できないでしょうが、続けていくと変化が実感できると思います。

 

 

 

以上3つの方法で敏感肌の毛穴ケアは、この3つをうまく使う方法も掲載いたします。

 

 

毛穴を意識的に開かせる

 

毛穴の汚れを落とすためには、毛穴が開いた状態になっていないと汚れが取れません。そのためには、毛穴を開かせてから洗顔するのが大切です。

 

 

毛穴を開かせるためには、ホットタオルを使用することや半身浴があります。特に半身浴は、顔の毛穴をキレイにするだけじゃなく、代謝機能を高める効果があるので、美肌のためだけじゃなく全身の美容にも効果が期待できます。洗顔する前に、ぬるめのお湯にじっくりと浸かって毛穴を開くことを意識してみましょう。

 

 

泥パックをする

 

海底のミネラルの豊富な泥や火山灰に細かい粒子などを原料にした泥パックは、毛穴の汚れを吸着するので、毛穴汚れのケアにはおすすめです。

 

 

無理な粘着シートの毛穴パックとは違って、肌や角質を傷つけません。しかも、ミネラル成分が豊富なのでお肌を引き締めながらうるおいを保てます。

 

 

エマルジョンリムーバーを使う方には泥パックは必要ないでしょう。

 

 

泡パックで毛穴ケアをする

 

洗顔をする時泡のクッションを使ってマッサージするように洗顔しますが、まずは毛穴の汚れが気になる部分にだけ泡を乗せてしばらく時間を置くことです。

 

 

1分程度でも良いので、キメの細かい泡を小鼻周りに乗せておくと汚れが浮き出やすくなります。使用する洗顔料にAHAなど角質柔軟成分を含んでいるものを使用すると、同時に角質ケアもできるのでさらに効果的です。

 

 

しかし、角質柔軟効果のある洗顔料は、敏感な肌質の方は刺激が強いかもしれません。その場合は、時間を短くするなど肌への刺激を感じない程度にしましょう。

 

 

こちらもエマルジョンリムーバーを使えば必要ありません。

 

 

 

毛穴の汚れは黒ずんでいると目立ちますが、実は黒ずんでいなくても白い皮脂の塊が詰まっていることがあります。
肌の表面には見えないのですが、毛穴というのはとても深いので見えないところにギッシリと詰まってる可能性があります。

 

 

ムダ毛を毛穴から抜いたことがある人なら、その根の深さは知っていると思います。肌に表面には、黒い点のようにしか見えない短い毛でも、抜いてしまうと意外と長い!

 

 

それだけの深さのある毛穴の汚れですから、洗顔だけで奥までキレイにするのは現実的には難しいのです。だからと言って、無理に毛穴を絞ったりするのはNGです。

 

 

 

 

 

 

 

 

敏感肌というのは肌が刺激に弱い状態になっていることで、大気の汚れや花粉、ほこりなどに影響を受けます。

 

さらに、化粧水に含まれる成分にも過敏に反応するのでお肌のお手入れには神経を使います。

 

 

そんなデリケートな敏感肌は毛穴の悩みが深く関係しているなんてあまりピンときません。でも、そこが肌の複雑な仕組みなんですね。

 

 

毛穴が黒ずんだりするのは皮脂の汚れが溜まりやすい人の悩みですが、皮脂が溜まりやすくなる原因は角質層が厚くなることから始まります。

 

 

肌にはもともと刺激から守るためにバリア機能が働いています。バリア機能といっても刺激を跳ね返すような膜ではなく、うるおい成分で守っている状態です。

 

 

天然保湿因子NMFと呼ばれるもので構成されています。

 

 

天然保湿因子がどんなもので作られているのかというと、アミノ酸が40%を占めています。そのほかにはPCA、乳酸ナトリウム、尿素、ミネラルなどです。

 

 

天然保湿因子NMFの構成と同じような成分の保湿化粧品を使うことで、肌のバリア機能が高められるということです。

 

そして、細胞間脂質もバリア機能には重要な役目があります。細胞間脂質というのは、セラミドという成分が多くを占めています。セラミドの生成が衰えると、肌は乾燥しやすくなり刺激にも弱くなります。

 

 

天然保湿因子と細胞間脂質のバランスが良い状態が肌にとって理想的なのですが、それが乱れるのが敏感肌です。

 

敏感肌が進み、バリア機能の低下が続くとどうなるのか。肌は刺激から守ろうとして、角質を厚くする超角化が始まります。

 

 

角質が分厚くなることで、毛穴がふさがりやすいのです。汚れも溜まりやすくなり、皮脂汚れとタンパク質が混ざった角栓となりブツブツの黒ずみ毛穴ができあがってしまうという仕組みです。

 

 

敏感肌は肌が薄い人が多いというイメージなので、角質が厚くなることは敏感肌には良いことのように勘違いをしてしまいますが、本来のサイクルが乱れている状態なので、決して良いことではないんです。

 

 

敏感肌の人は、毛穴の悩みがあっても角質ケアができないとか、汚れをしっかり取る洗顔は避けたくなるため、毛穴の黒ずみなどがどんどんひどくなることもあるので、仕組みをよく理解してお手入れをして敏感肌の原因を取り除けるようにしていきましょう。

 

 

敏感肌と毛穴には深い関係があることがわかると、自分の肌を理解するきっかけになるかも知れませんね。

毛穴の角栓の原因

毛穴の角栓は間違ったお手入れが原因

 

角栓というのは、毛穴に詰まった汚れの塊が栓のようになった状態のことです。
鼻の毛穴がブツブツになって黒くなり、少し盛り上がったようになった状態が角栓です。

 

この角栓の原因が、実は間違ったお手入れにあるということをご存知でしょうか?
小鼻の角栓は、毛穴の開きや黒ずみなどの前兆があります。

 

毛穴から分泌される皮脂は、肌のうるおいが不足すると盛んになってきます。
皮脂分泌が盛んになると、小鼻がテカるのが気になるので洗顔時に毛穴の汚れを取るために、
ゴシゴシと必要以上に洗うこともあるでしょう。

 

さらに、皮脂とメイクの汚れが混ざり合うことで毛穴が詰まりはじめると、
その汚れを指や爪を使って無理やり絞り出したり、粘着シートの鼻パックを使って頻繁に汚れを取るようになります。

 

そのようなお手入れを繰り返していると、本来のサイクルで剥がれ落ちるはずの角質が無理に剥がされます。
角質は、正しいリズムで剥がないと未熟な状態で再生されるようになるのです。

 

そこに過剰に分泌される皮脂が混ざり合うことで、毛穴の中に皮脂と角質が酸化した塊ができてしまうのです。
そして塊が角栓となり、また無理に絞り出して・・とエンドレスに続いていくんですね。

 

皮脂が過剰に分泌される原因を解消せずに、毛穴の汚れだけを取るお手入れを続けていることが、
角栓をどんどんひどくさせてしまう原因になってしまうんです。

 

もちろん、きちんとした洗顔やメイク落としを怠ってることも原因になりますが、
角栓が繰り返しできてしまう人は、一度きちんと角栓を取り除いたら、皮脂の過剰分泌を抑えるお手入れを徹底することが重要です。
それにはやはり、保湿が一番です。
セラミドの不足が皮脂の過剰分泌の原因になるので、セラミドを意識した化粧品選びをすることです。

 

では、どんな方法で角栓を取り除いたらいいのでしょうか。
正しい方法じゃないと、肌を傷つけたりしてさらに悪化させる可能性もあるので要注意です。

 

正しい方法は、肌を充分に柔らかい状態にして毛穴を開かせてからやさしく吸引する方法がおすすめです。
ホットタオルで毛穴を広げてから、指の腹を使ってやさしく押し出しす方法も爪を使わなければOKです。
もしも角栓がとても硬い状態になっていたら、毛抜きやピンセットを使って引き抜く方法もあります。

 

いずれにしても、肌を傷つけないことが最大の条件です。
そして角栓が除去できた後は、たっぷりと保湿をして肌のうるおいを保つケアを徹底します。
角栓を出した後の毛穴は、穴が開いた状態のように開いているので汚れが入りやすくなっていますので、
クレンジングと洗顔のお手入れの際に毛穴の中の汚れを意識したケアを心がけましょう。