敏感肌 アルコール成分

敏感肌が気をつけたい成分〜アルコール

敏感肌だから、基礎化粧品を選ぶ時は成分をしっかりチェックしているつもりですが、
その成分がどのようなメリットやデメリットがあるのか、実はよくわかっていない部分も多いのです。

 

成分をチェックするだけは、不十分なんですよね。
そこで、基礎化粧品に含まれている成分の中でも、敏感肌が気をつけなくてはいけないアルコールについて調べてみました。

 

アルコール成分のメリット

 

基礎化粧品に配合されているアルコールと言えば、エタノールが多いです。
エタノールといえば、アルコールランプに使用したり、消毒にも使われます。
スーッとして、蒸発しやすいアルコール成分です。

 

敏感肌化粧品には、アルコール無添加と表示されているものが多いわけですが、
どうして化粧品にはエタノールが配合されているものが多いのか、知りたいですよね。
肌にアルコール成分なんて、必要ないのに。

 

しかし、エタノールが消毒に使用されることからもわかるように、
殺菌する作用があるので、肌を清潔に保つためには役に立つんです。

 

例えば、毛穴の中に雑菌が繁殖することで起きる肌のトラブルの代表格のニキビ。
これには、アルコールの殺菌作用がとても効果があります。

 

それに、エタノールを配合した化粧品は収れん作用があるんです。
収れん作用とは、開いた毛穴を引き締めてくれるので、毛穴のトラブルには良いんです。

 

そして、エタノールは油性成分と馴染みやすいという特徴もあるので、
美容オイルなどに配合することで、バランスが良くなるんです。

 

アルコール成分が多くの化粧品に配合されているのには、このようなメリットがあるからなんですね。

 

 

アルコール成分のデメリット

 

メリットの沢山あるはずのエタノールですが、敏感肌に人は注意が必要です。
そのワケは、強い殺菌作用によるものです。

 

肌には、ニキビなどの原因になる、悪い雑菌もいますが、肌の健康を保つための善玉菌のような存在もあります。
肌の場合は、常在菌の中に肌のバリア機能を保つために必要な菌が沢山いるそうです。

 

でも、エタノールは悪い菌だけを選別する能力はありません。
そのせいで、長く使っている内に肌に必要な菌もなくなってきてしまうんですよ。
それが、肌の過敏な反応を引き起こす原因になるので、アルコール無添加の化粧品を選ぶ方が安全なのです。

 

お肌のお手入れをする時に、皮膚の薄いところがヒリヒリしてしまうことがあるのは、
アルコールによる刺激が原因になることが多いので、できれば避けたい成分なんですね。