敏感肌 化粧下地 おすすめ

敏感肌の下地の重要性

敏感肌でも安心して使える化粧下地ないかな〜?

 

 

こんな悩みは敏感肌女性には付き物。あなたは、メイクする時にはどんな手順でコスメを使っていますか?

 

 

化粧水からいきなりファンデーション?

 

 

それでも問題ない人もいるかも知れませんが、敏感肌にはメイクアップ製品が刺激になってしまうこともあるのです。そこで大切なのはメイク下地。ここでは敏感肌の下地の重要性とおすすめ商品を紹介していきますね。

 

 

メイク下地の役割とは

 

メイク下地は簡単に言ってしまえば、お化粧をする前に化粧水など基礎化粧品で肌を整えた後にファンデーションを塗る前に使用するものです。

 

 

日焼け止めの機能をあわせ持っているメイク下地もあれば、肌の色ムラを補正する役割を持っているコントロールカラーとしてのメイク下地もあります。

 

 

パウダーを含んでいるメイク下地を使うと、皮脂を吸着して皮脂によるファンデーションの崩れを防ぐこともできます。

 

 

このように、メイク下地には様々な機能があるのです。メイク下地を使わない人が増えているそうですが、メイクの仕上がりを左右するので上手く使えるとキレイ度アップしそうです。

 

 

敏感肌の人はあまり化粧下地を重視していないようですが、ファンデーションを塗る前に下地を使うことは、肌を守るためにも敏感肌の人こそ使ったほうが良いのですよ。

 

 

敏感肌の人が使いやすい化粧下地を集めてみました。低刺激で敏感肌の人に愛用されているものですが、敏感肌のタイプには個人差があるので、あくまでも参考としてチェックしてください。

 

 

敏感肌の下地でおすすめランキング

 

 

NOV ベースコントロールスムースUV

 

医療皮膚の研究から生まれたNOVのメイク下地は、UVカットしながら2種類のパウダーによって毛穴や乾燥小じわを防ぎます。

 

敏感肌の人が安心して使える低刺激で基礎化粧品が全て作られているので、ラインで使用するのもおすすめです。
カラーコントロールできる化粧下地もあるので、目的に応じて使い分けられます。

 

サエル ホワイトCCクリームクリアリスト

 

ポーラとオルビスが共同で作った敏感肌向けのスキンケアブランドディセンシアの中で、ホワイト二ングケアのためのサエルのラインナップにあるCCクリームです。
外部からの刺激をブロックして、乾燥や紫外線から肌を守ります。化粧下地としても、これだけでナチュラルメイクとしても使用できます。
敏感肌を守る機能を持っているので、使いやすくおすすめです。

 

 

ミノン モイストブライトアップベースUV

 

紫外線吸収剤不使用のノンケミカルです。乾燥によるバリア機能の低下を防ぎながら、肌を明るく見せてくれる化粧下地です。
ファンデーションを塗る前の下地としての機能も良いですが、これだけでもカバー力があるので、毎日の紫外線ケアに使えるのが良いでしょう。敏感肌や乾燥肌には信頼されている低刺激性スキンケアブランドなので安心感があります。

 

雪肌精 ホワイトCCクリーム

 

敏感肌用のコスメというイメージがない雪肌精ですが、和漢エキスをベースとしていて、敏感な肌質の人にもファンが多い雪肌精です。

 

ホワイトCCクリームは、美容液、乳液、クリーム、日焼け止め、化粧下地の役割をする高機能メイク下地です。

 

1本でも透明感のある肌に仕上げてくれますし、ファンデーションの前の下地として使っても、メイクのノリが良くなって、仕上がりを美しくしてくれます。

 

HABA しっとりベースEX

 

スクワランでおなじみのHABAは、ベースメイクのラインナップも豊富です。乾燥しやすい敏感肌の人におすすめのしっとりベースEXは、ノンケミカルで低刺激です。

 

保湿力が長時間持続するので、乾燥によって毛穴が開き、メイクが崩れやすい人に向いていると思います。UVカット機能もあります。

 

 

 

 

 

敏感肌のメイク下地は不要or必要?

 

敏感肌はできるだけ肌につけるものをシンプルにしたくなります。化粧品で肌が荒れてしまうこともあるのでそうなってしまうのもわかりますが、メイク下地は敏感肌の人ほど使った方が良いのですよ。

 

 

そのワケとしては、ファンデーションに含まれる成分には敏感肌には負担になる成分が入っていることもあります。この頃は、ファンデーションにも日焼け止め機能がありますし、BBクリームのような下地不要のファンデーションも増えています。

 

 

便利なものですが、基礎化粧品の後にいきなりファンデーションをつけてしまうのは、敏感肌には危険がイッパイなのです。

 

 

ファンデーションに含まれる成分によって、肌にどのように反応するのかわかりませんから、メイク下地は肌とファンデーションの間でクッションのように働いてくれます。

 

 

ニキビなどの肌荒れにも

 

敏感肌はバリア機能が弱くなっています。刺激を受けやすく、それで炎症を起こしやすいのです。

 

 

大人ニキビができやすくなるのも、ゆらぎやすい敏感肌にはよくあることです。そんな時には、何もつけないよりもメイクをした方が肌を守る効果があるので、ニキビなど肌荒れを起こしやすい時にお化粧をするのは悪いことではありません。

 

 

ただ、その時にファンデーションの含まれる油分が毛穴を詰まらせてしまうリスクはあります。メイク下地を使うのは、ファンデーションのメリットを引き出して、デメリットをカバーするのでとても重要なコスメなのです。