敏感肌用 乳液 ランキング

敏感肌に乳液は必要?

敏感肌だから、乳液をつけるよりもクリームで保湿しているという人もいます。

 

乾燥がひどい肌質の人には、クリームの方が選ばれているかもしれません。でも、少量で水分を閉じ込めてくれる乳液は、デイリーで使えるので敏感肌の乾燥しやすい肌には意外と役に立ってくれます。

 

 

どんな乳液が敏感肌の人に選ばれているか、敏感肌の人の声から集めてみました。

 

 

アヤナス エッセンスコンセントレート

 

ポーラとオルビスが敏感肌や乾燥肌向けのコスメブランドとして立ち上げたディセンシアから発売されているアヤナスは、敏感肌用のスキンケアなので、乳液も肌のバリア機能を重視して作られています。

 

 

ディセンシアの中でアヤナスはエイジングケアに向けて開発されているので、加齢によって敏感肌が気になる方におすすめです。

 

 

ミノン アミノモイストチャージミルク

 

 

ミノンは、乾燥性敏感肌向けのスキンケアブランドです。シャンプーやボディーシャンプーなど、洗浄する段階から肌のうるおいを守ることを重視していますから、敏感肌でカサつきやすい肌の人にはおすすめです。ほんの少量で肌をしっかり保湿して、敏感肌の人にリピーターが多いので、試してみても良いのではないでしょうか。

 

 

ファンケル アクティブコンディショニングEX乳液

 

ファンケルの基礎化粧品は、余計なものを配合していないので、とくに敏感肌向けじゃなくても、デリケートな肌質の人に使用されています。ファンケルのこの乳液はセラミドとコラーゲンによって、もともとの肌のうりおいバリアを感じられるような使用感があります。

 

 

敏感肌はセラミドをチェックする

 

乳液のタイプは肌質で分かれているブランドもありますので、敏感肌向けになっていればそちらから試してみると良いです。ただ、敏感肌向けではなくても、自分の肌質に合っていればそれにこだわる必要はありません。

 

チェックしておきたいのが、セラミドが配合されているかどうかという点でしょう。

 

 

セラミドは角質の一番外側で肌を守るために一番重要な働きをする成分です。コラーゲンやヒアルロン酸のように角質層の内部に必要な成分は、浸透させるのが難しいのですが、セラミドは外側でバリアとして働くので敏感肌の人はとくに重視したい成分です。

 

 

アトピー性皮膚炎などアレルギーを起こしやすい肌にはセラミドを補うと改善されることがあるので、アレルギーとまでいかなくても肌のコンディションが変化しやすい敏感肌には、セラミドは大切です。

 

 

乳液を選ぶ時には、セラミドをチェックしてみましょう。

 

 

 

 

 

敏感肌の乳液の使い方

 

 

スキンケアがどんどんシンプルになっているので、この頃は乳液を省くスキンケアが主流になっているのですが、敏感肌の人は肌のうるおいが逃げやすいので、乳液を省くスキンケアがさらに敏感肌を悪化させることもあります。

 

敏感肌の乳液の使い方を正しく理解しておきましょう。

 

乳液の役割とは

 

乳液は、水分と油分という混ざり合うことがない二つの性質を持ったものを界面活性剤によって乳化させています。

 

化粧水でもとろみがあり乳液のようなテクスチャーのものがありますが、化粧水には油分が入っていないものも多く水分の浸透しにくい肌質の人には、コクがある濃度の化粧水では浸透が良くないと感じることがあります。

 

 

乳液は化粧水で与えた水分を油分でフタをする役割があります。べたつくからとか、ヌルヌルするからと乳液を使わないと、水分が蒸発してしまいますから乾燥性敏感肌を悪化させてしまうかも知れません。

 

 

乳液には、水分を逃がさないで、うるおいのバリアを作るために大切な役割があるのです。

 

 

敏感肌の正しい乳液の使い方

 

敏感肌に限ったことではないですが、乳液には水分と油分が入っていますから、くれぐれもつけすぎないようにしましょう。あくまでも、乳液は水分の蒸発を防ぐためのヴェールのようなものです。乳液によって不足している油分を補っていくような使い方をしない方が良いです。

 

 

とくに敏感肌の人は、もともとの肌バリア成分の分泌量が少なくなっていることもあるので、乳液で油分を与え過ぎてしまうとさらにうるおい成分の分泌機能が退化してしまう恐れがあります。

 

 

本来のうるおいが保てなくなっていても、乳液だけでそれを補うのは難しいので、くれぐれも適量を超えてつけすぎないようにしてください。

 

 

乳液が原因になってトラブルが起ったら?

 

敏感肌の人は新しいスキンケア製品を使った時に、肌との相性を観察することは大切です。デリケートな目の周りなどが赤くなったり、ヒリヒリした刺激を感じたらすぐに使用を中止して炎症を抑えるために冷やしてケアします。

 

 

乳液を擦り込み過ぎてしまったり、使い過ぎてしまったり、間違った使い方をしなくても合わないものがあるかも知れません。乳液を正しく使うことで肌のバリア機能を取り戻せる可能性もありますが、逆にトラブルを起こしてしまうこともあるのです。

 

 

乳液を選ぶ時には、トライアルセットやサンプルなどでテストしてから購入するようにすると、安心して使えるのではないでしょうか。これは、敏感肌に限ったことではなく、どんな肌質の人でも同じだと思います。