敏感肌 日焼け止め

敏感肌女性は日焼け止め選びも慎重に!

目次
1.日焼け止め選びのポイント紫外線吸収剤不使用を選ぶ
1.1紫外線吸収剤不使用を選ぶ
1.2紫外線吸収剤も進化している
1.3低刺激タイプの日焼け止めを使い分ける

 

2.日焼けが肌を老化させる
2.1肌老化の4大原因
2.2紫外線の肌へのダメージ

 



紫外線は肌にダメージを与えることは十分に理解しているけど、紫外線対策に日焼け止めクリームを塗ると肌にトラブルが起こってしまう。そんなことは敏感肌の人にはありがちなことですよね?

 

紫外線のダメージも怖いけど、日焼け止めで肌荒れするのも困ります。いったい敏感肌に人はどうしたら良いのでしょうか?敏感肌の人が日焼け止め製品を選ぶ時に注意しておきたいポイントをまとめてみましたのでぜひ参考にしてください。

 


1.1
■紫外線吸収剤不使用を選ぶ

 

紫外線カットをする成分には、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の二つのタイプがありますが、肌に負担をかけないのは紫外線散乱剤を使用したものです。
そのため、日焼け止め製品の中には「紫外線吸収剤不使用」という表示をしているものがあります。それほど日焼け止めによる肌への負担を気にしている人が多いからでしょう。

 

現在はアレルギーの要素を体質的に持っている人が多くなっているため、敏感肌に悩む人がとても多くなっています。紫外線吸収剤による化学反応が敏感肌の人に与える危険を避けるのためには、紫外線吸収剤不使用というのは敏感肌の方の日焼け止め選びの基本となるでしょう。

 


1.2
■紫外線吸収剤も進化している

 

紫外線散乱剤の方が肌にはリスクが少ないことから、敏感肌の人や赤ちゃんに使う日焼け止め製品には紫外線吸収剤を使用していないものが主流です。ただ、紫外線吸収剤不使用のものは白浮きしてしまうことや、汗で落ちやすいことなど使用上の欠点があるのは確かです。

 

さらに紫外線散乱剤と紫外線吸収剤では、UVカットのパワーにも差があります。白くならずにさらっとした使用感で使いやすいタイプの日焼け止め製品は紫外線吸収剤を使用しているというので困ります。

 

ですが近年では紫外線吸収剤も進化しているんです。

 

紫外線吸収剤が化学反応を起こして紫外線を熱エネルギーとして放出する機能はそのままに、特殊で無害のシリコン成分でコーティングしている紫外線吸収剤も登場しています。この技術の進化によって、紫外線吸収剤の中にも低刺激で敏感肌や赤ちゃんの肌にも使用できるタイプが出てきたんです

 


1.3
■低刺激タイプの日焼け止めを使い分ける

 

紫外線吸収剤、紫外線散乱剤のいずれかの日焼け止めを使うのに限定するのではなく、顔や手足と使う場所によって選び方を変えるようにするのも肌への負担を軽減できるポイントです。

 

例えば顔の場合は、日焼け止め以外にもファンデーションにもUVカット機能があるので重ねれば高いUVカットも可能になります。ミネラル成分でUVカットをするパウダーがあれば、日焼け止めクリームと併用して高いUVカットができます。

 

一つの日焼け止め製品ですべてをカバーするのは難しいので、色々なタイプを揃えてみると良いですよ。敏感肌の人は低刺激タイプを基本にすることを忘れないようにしてくださいね。

 

 

 

日焼けが肌を老化させる

日焼けした小麦色の肌がカッコいいなんて、そんな時代を生きてきた世代が大人になり「激しく後悔してる…」という方も多くいるのではないでしょうか?誰も日焼けがどれほど肌に悪いことなのか教えてくれない時代でした。

 

夏の化粧品のコマーシャルに起用されたモデルや女優は真っ黒に日焼けをしていましたし、それが当たり前だったのです。ところが、若い頃に浴びた紫外線は何年もたってからシミとなり、悩みの種となってしまうのですw もちろん日焼けは敏感肌の原因にもなるでしょう。

 

しかも、シミだけが問題じゃないのです。日焼けをすると肌の老化がぐんぐんとスピードアップしてしまうというデータまでもがでてきてしまったのです…今からでもまだ間に合う!適切な日焼け止めを利用して日焼けによる肌老化の危険を防ぎましょう。

 


2.1
肌老化の4大原因

 

誰でも生きていれば老化するものですが、同じ年齢でも若く見える人と老けて見える人がいるのはその人の老化のスピードが違うからです。肌は見た目の年齢印象を左右するので、できれば肌老化は防ぎたいものです。

 

肌を老化させる原因には4つのことが分類されます。

 

1.光老化
2.細胞の酸化
3.皮膚の乾燥
4.皮膚の菲薄化

 

この中でも紫外線を浴びることで起こるのが光老化です。ただ、紫外線を浴びることで細胞を酸化させることもありますし、乾燥させることもあるので日焼けすることは肌老化のほとんどの原因と言っても過言ではありません。皮膚の専門家は肌を老化させる原因の80%〜90%は紫外線が影響するとも言われるので、日焼けは老化に直結するのです。

 


2.2紫外線の肌へのダメージ

 

紫外線の中のUV-Aはメラノサイトを刺激してメラニンを生成します。波長が長いUV-Aは毎日ちょっとづつ肌にダメージを与え続けます。UV-Aはコラーゲン線維とエラスチンを壊す酵素を増やすので、肌のハリが失われてしまいます。弾力のない肌はシワを作り、老けた印象を作るのです。

 

UV-Bは表皮の細胞を傷つけてすまいます。波長は短いので真皮のコラーゲン線維を破壊することはありませんが、水分を奪い、コラーゲンを破壊する酵素の働きを活性化するので、直接ではなくてもシワを作る原因になります。日焼けをしても時間が経てば元の肌に戻るからと安心していても、肌の中ではダメージが広がっています。

 

強い紫外線を浴びて日焼けしてしまうと、日ごろどれだけ頑張ってお肌のお手入れをしても全てが水の泡になってしまうほど、日焼けが肌に与える悪影響は大きいのです。

 

「日焼けするとシミができちゃう」と女性たちは紫外線を怖がりますが、シワというもう一つの老けの原因も増えるのです。浴びてしまった紫外線を今さらなかったことにできませんが、これ以上の光老化をすすめないように日焼け防止を心がけてくださいね。