日光蕁麻疹 症状 原因

日光蕁麻疹とは

最近になってよく聞くようになった日光蕁麻疹という言葉ですが、正式な病名ではありません。光を浴びることによって肌がアレルギー反応を起こし、蕁麻疹が出てしまうことを日光蕁麻疹と言います。

 

日光蕁麻疹の症状や原因

 

 

このページでは日光蕁麻疹について解説していきます。あなたのお悩みやご家族のお悩みに少しでも力になれればうれしく思います。ご覧になりたい項目がございましたら目次よりジャンプしていただけますので、クリックまたはタップしてください。

 

 

 

 

 

日光じんましんとは?

 

蕁麻疹には原因がハッキリしているものと、原因が特定できないものがあります。例えば食物アレルギーによって起こる蕁麻疹や薬剤アレルギーなど、口の中に入れたものからアレルギー反応を起こして蕁麻疹を発症するケース。

 

 

これは、食べた直後に蕁麻疹が出るので比較的わかりやすいですよね?

 

 

どうでもいい話ですが、私はエビフライを食べると蕁麻疹が大量に出ます。アレルギーではないのですが、幼い頃、体調が悪い時にエビフライを食べて吐いてしまったらしいのですが、それ以来エビフライを見ただけで体が痒くなります(爆)これは原因が特定できないトラウマ的なものですね…

 

 

他には、花粉やハウスダストのような物理的な刺激によって起こるアレルギーの一種となる物理性蕁麻疹もあります。日光蕁麻疹は物理性蕁麻疹の一種で、太陽の光を浴びることで発症します。

 

日光じんましんの原因

 

日光を浴びることで起こる蕁麻疹も原因がはっきり解明されません。紫外線に当たることで蕁麻疹が出ることはわかっているのですが、メカニズムが解明されていないのです。が、わかっていることも少しあります。

 

 

太陽の光を浴びるとヒスタミンという物質が分泌されます。ヒスタミンは皮膚の真皮細胞の傍にあり、マスト細胞という肥満細胞から分泌されるものです。太陽の光を浴びることで細胞が化学反応を起こすことで炎症や強いかゆみ、血管を拡張させて皮膚を腫れさせたりします。

 

これは他のアレルギー反応でも同じメカニズムがあります。

 

日光じんましんの症状

 

日光蕁麻疹の症状は日光に浴びたところだけに出現するものです。日光にあたった後の15分くらいで症状が出てきます。

 

 

最初は少し膨れた発疹のような状態から、ミミズ腫れみたいになり、強いかゆみを発するので掻いてしまうとどんどん蕁麻疹の隆起が繋がり、大きな蕁麻疹になります。

 

 

日光蕁麻疹の特徴として、日光から肌を隠すと2時間以内で症状が治まってきて消えてしまいます。症状が出たら、とにかく日光のあたらない場所に移動することが一番の対策になります。

 

 

ただ、あまりにも強い反応を起こしてしまうと、強いかゆみに苦しむこともあります。炎症が悪化しそうな時は炎症を起こしてしまった箇所を冷やすと早く治まります。それでも炎症が引かない場合は抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬などで治療することになります。

 

おススメの抗ヒスタミン薬

 

 

 

 

それほど重大な症状でなければ病院に行く必要はないかもしれませんが、繰り返し蕁麻疹が出て書いてしまう場合にはお近くに皮膚科で診察を受けると安心できます。

 

日光じんましんの治療法

 

日光蕁麻疹の治療としてはそれほど重大な症状でなければ、冷やすこととなります。日焼けした箇所に氷水や濡れタオルで冷やします。氷水は服の上やタオルで包むなど皮膚に直接は避けましょう。アイスノンや保冷材も凍傷になる可能性があるので直接は避けた方がいいでしょう。

 

 

原因がはっきりしない蕁麻疹ですので、病院にいってもお医者様に抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬を処方してもらうのが一般的です。あまりに重症な方は入院による治療もあるようです。

 

 

日光蕁麻疹は多形日光疹というアレルギーと間違うことも多いといわれています。

 

日光蕁麻疹と多形日光疹の違いとは

肌が露出された部分に紫外線を浴びることで起こる日光蕁麻疹と多形日光疹。どちらも原因から症状までとてもよく似ています。

 

 

違いをはっきりと区別することは難しいものですが、比較してみると違う点もいくつかあります。日光を浴びて皮膚に問題を起こすことの原因を突き止めたい方はチェックしてみると良いでしょう。

 

多形日光疹の原因とは

 

多形日光疹は紫外線アレルギーに属する皮膚の病気です。詳しく分類すると内因性遅延型光アレルギーという種類に属しています。光線過敏症の中でも、一番多い発症率で日本人の約4%が多形日光疹だと言われています。

 

 

思春期から20代までの人に多く生じることが特徴的ですが、現在のところハッキリとした原因はわかっていません。

 

多形日光疹の症状とは

 

多形日光疹は、日光にあたってから数時間経ってから発疹の症状が出てきます。最初は局面に出てきますが、徐々に広がることもあります。また、数日間症状が続くこともあります。日光を遮った後でも、症状が簡単におさまらないこともあるのが多形日光疹の症状の特徴です。

 

慢性的な日光アレルギーというような症状に繋がると、アトピー性皮膚炎と同様に症状が出たり治まったりを繰り返すことがあります。

 

日光蕁麻疹と多形日光疹の違う点とは

 

同じような原因で、同じような症状の日光蕁麻疹と多形日光疹ですが、症状の特徴を比較してみると明らかに違う点があります。

 

 

一番わかりやすい違いは、日光を浴びてから症状が出るまでのスピードです。日光蕁麻疹は日光照射から早ければ10分、15分でかゆみや発疹が出てきます。

 

 

一方の多形日光疹は数時間経ってから発疹が出てきます。数日経ってから発疹が出てくることもあるのです。この違いがもっとも分かりやすい見分け方でしょう。

 

 

次に発疹の出る部位と状態です。日光蕁麻疹は、最初はプツっとしたふくらみが出て、かゆくなり、掻いているうちにどんどん大きくなります。冷やしたり薬を投薬すると治まりますし、日光のあたらないところに行くだけでも軽度なものなら消えていきます。

 

 

多形日光疹は小さなブツブツが残り、1週間以上経っても湿疹が残ることがあります。同じ皮膚炎でも症状が違うのでよく観察すれば見分けることはできるのです。

 

 

日光にあたった後に皮膚に出た湿疹や腫れが出る速度や治まるまでの期間をチェックすることが、日光蕁麻疹と多形日光疹を見分ける二つのポイントです。

 

日光蕁麻疹の対策グッズ

では日光蕁麻疹にはどのような対策があるのでしょうか?

 

■日傘をさす

 

日傘は紫外線対策にはとても有効です。直射日光の90%以上を遮断してくれますから、日光の心配は軽減しますね。

 


 

お子様が日光蕁麻疹の場合には学校に日傘をしていけませんのでUV防止の防止やハットなども有効です。

 


 

日傘では地面からの跳ね返りの紫外線は防ぐことはできませんのでUVカットマスクなども効果的です。

 

 

 

日焼け止めも効果的です。お子様にはクレンジングのいらない日焼け止めを使いましょう。
※参考 子供でも安心して使える日焼け止め

 

日光蕁麻疹の予防

紫外線が強い季節に発症しやすい日光蕁麻疹は原因が太陽の光にあるので、症状が出るのを防ぐためには日光が肌に直接当たらないようにすることが一番有効な方法です。

 

 

全身を日光から守ることができなくても、日焼け止めを使ったりすれば予防することもできます。蕁麻疹は短い時間で急激に症状が出てしまうので、症状が出た場合には適切な処置が必要です。蕁麻疹を予防するために効果のあることをご紹介しますので、できることを取り入れてみましょう。

 

自律神経を整える

 

蕁麻疹がどうして発症するのか?この根本的なことを突き止めることは難しいのですが、自律神経は蕁麻疹にも関係すると言われています。原因がハッキリしないアトピー性皮膚炎も、ストレスを感じて自律神経が乱れると肌に症状が出現することもあります。

 

 

過敏な体質になると、蕁麻疹の原因物質を見るだけでも反応することがあるほど、蕁麻疹は不思議な仕組みで起こることがあるのです。

 

 

日光蕁麻疹のように、目に見えないものでも原因になることがあるのは、予防はとても難しいことです。だからこそ、ストレスを積み重ねないようにして、自律神経のバランスが正しく保たれるようにしましょう。

 

 

ストレスを一切感じない生活をするなんてことは不可能ですが、規則正しい生活リズムを心がけて体内時計が乱れないようにすることで自律神経の乱れが防げます。原因不明の蕁麻疹に悩まされることのないように、カラダのコントロールのカギになる自律神経の乱れには十分に注意しましょう。

 

皮膚のバリア機能を高める

 

蕁麻疹は内因性のものと外因性のものがあります。日光蕁麻疹は日光があたることで起こるので外からの皮膚刺激によって起こる蕁麻疹の一種です。

 

 

原因になる物質を避けることが蕁麻疹を予防することですが、皮膚そのものが強くなるようにバリア機能を高めることも予防には重要です。

 

 

バリア機能を弱める原因になるのは、強い洗浄力を持つ石油系の物質を原料とした石鹸を使って洗い過ぎていたり、内側からのうるおいが不足してしまうことなど。

 

 

バリア機能が弱くなってると、日光以外にも刺激に要因になるもので皮膚の炎症を起こすこともあります。肌が本来持っているバリア機能を損なわないように、正しいスキンケアをすることが予防に繋がります。

 

温度に注意する

 

蕁麻疹の原因には温度の変化も関係します。日光蕁麻疹も強い陽射しで皮膚が温まると発症しやすくなります。温度の急変でアレルギーを起こすこともあるので、できるだけ皮膚の温度差が急に上下しないように保つようにしましょう。

紫外線が強い季節に発症しやすい日光蕁麻疹は原因が太陽の光にあるので、症状が出るのを防ぐためには日光が肌に直接当たらないようにすることが一番有効な方法です。

 

 

全身を日光から守ることができなくても、日焼け止めを使ったりすれば予防することもできます。蕁麻疹は短い時間で急激に症状が出てしまうので、症状が出た場合には適切な処置が必要です。蕁麻疹を予防するために効果のあることをご紹介しますので、できることを取り入れてみましょう。

 

 

自律神経を整える

 

蕁麻疹がどうして発症するのか?この根本的なことを突き止めることは難しいのですが、自律神経は蕁麻疹にも関係すると言われています。原因がハッキリしないアトピー性皮膚炎も、ストレスを感じて自律神経が乱れると肌に症状が出現することもあります。

 

 

過敏な体質になると、蕁麻疹の原因物質を見るだけでも反応することがあるほど、蕁麻疹は不思議な仕組みで起こることがあるのです。

 

 

日光蕁麻疹のように、目に見えないものでも原因になることがあるのは、予防はとても難しいことです。だからこそ、ストレスを積み重ねないようにして、自律神経のバランスが正しく保たれるようにしましょう。

 

 

ストレスを一切感じない生活をするなんてことは不可能ですが、規則正しい生活リズムを心がけて体内時計が乱れないようにすることで自律神経の乱れが防げます。原因不明の蕁麻疹に悩まされることのないように、カラダのコントロールのカギになる自律神経の乱れには十分に注意しましょう。

 

 

皮膚のバリア機能を高める

 

蕁麻疹は内因性のものと外因性のものがあります。日光蕁麻疹は日光があたることで起こるので外からの皮膚刺激によって起こる蕁麻疹の一種です。

 

 

原因になる物質を避けることが蕁麻疹を予防することですが、皮膚そのものが強くなるようにバリア機能を高めることも予防には重要です。

 

 

バリア機能を弱める原因になるのは、強い洗浄力を持つ石油系の物質を原料とした石鹸を使って洗い過ぎていたり、内側からのうるおいが不足してしまうことなど。

 

 

バリア機能が弱くなってると、日光以外にも刺激に要因になるもので皮膚の炎症を起こすこともあります。肌が本来持っているバリア機能を損なわないように、正しいスキンケアをすることが予防に繋がります。

 

 

温度に注意する

 

蕁麻疹の原因には温度の変化も関係します。日光蕁麻疹も強い陽射しで皮膚が温まると発症しやすくなります。温度の急変でアレルギーを起こすこともあるので、できるだけ皮膚の温度差が急に上下しないように保つようにしましょう。

陽射しが強くなる季節になると、日焼けしないように注意しないといけませんよね。強い陽射しの中には、肌に炎症を与える有害な紫外線も含んでいますので、日焼けを予防することは肌の健康を守るために大切なことです。

 

 

しかし、日光にあたることのリスクは日焼けによる肌の炎症、またメラニンの発生や肌老化などの他にも、日光蕁麻疹という肌アレルギーを発するリスクがあるのです。日光蕁麻疹とはどのような症状なのか、その原因や対策方法についてご紹介します。