日焼けの仕組みはどうなってるの?

日焼けが起こる仕組みを追及

紫外線の影響から肌を守るために日焼け止めをする方法には、日傘や帽子、サングラスなどで物理的に紫外線が肌に降りそそぐのを防ぐ方法と、紫外線をブロックする効果のある日焼け止め製品を使う方法があります。

 

帽子や日傘などで日焼け止めをする場合は、UVカットの機能があるものを使用しないと、実際には紫外線の有害な部分をカットできないので、日焼け止めの効果を求めるなら、それに適した機能があるものを選ぶようにしましょう。

 

紫外線にはUVAとUVBがあります。
UVカット機能がなくても防ぐことができるのは、肌を黒くするUVBの方なので、見た目には日焼けしていないようでも、実際には肌の奥で紫外線の影響を受けているのです。

 

 

では、紫外線が肌を黒く日焼けさせる以外に、どんな影響を与えているのでしょうか。

 

皮膚の構造から日焼けの仕組みを学ぶ

 

皮膚には表皮、真皮、皮下組織という三つの層が重なり合って構成されています。
紫外線を浴びてもっとも影響を受けるのはもちろん表皮の部分です。

 

表皮の中のもっとも底の方にある基底細胞にメラノサイトという部分があります。
このメラノサイトでは、肌を守るための重要な働きをしているんですよ。
その働きはメラニンを作り出すことです。
メラニンといえばシミやそばかすなどの原因になるものなので、増えてほしくないものですが、紫外線の中には肌の細胞に深刻なダメージを与えて皮膚がんの原因を作ることもあります。

 

このような深刻なダメージを防ぐために、紫外線を浴びると「細胞を守らなくちゃっ」とメラニンを作り出そうとするのです。

 

 

メラノサイトは働き者なんですよ

 

メラノサイトでは、一度紫外線を浴びたことを感じると、メラニンをどんどん作り続けます。
なんと、一週間もメラニンを作り続けるんです。
それを途中で防ぐのはかなり難しいので、うっかりと紫外線を浴びないようにするのが重要なんですよ。

 

ただ、メラノサイトでメラニンを作り出そうとするのは、実際に紫外線を浴びてから数日経ってからというので、もしもうっかり日焼けをしてしまった場合は、メラノサイトが働き出すのを止める効果のある美白ケアを急いですることです。
メラノサイトに紫外線を浴びたことを伝える成分や、メラニン色素のもとになる成分を作るために必要なタンパク質の働きを止める効果のある美白成分を使えば、多少の紫外線の影響に深刻なダメージを受ける危険も少なくなると思います。