日焼け止め ノンケミカル

ノンケミカルの日焼け止めってどんなもの?

日焼け止めの場合ノンケミカルとかケミカルフリーという表示がされていると一般的には肌に負担をかけない成分で作られているというイメージをうかべますよね?

 

日焼け止めの機能を持つ成分の中でケミカル成分というのは紫外線吸収剤のことを示していると思うのが一般的。ところがケミカル成分というのは科学的に合成された成分のことを示すものなので、ノンケミカルやケミカルフリーという表示だけではわかりにくい一面があります。

 

日焼け止めには肌に刺激になる紫外線吸収剤という成分があるので、ノンケミカルやケミカルフリーという呼び方で紫外線吸収剤と紫外線散乱剤を分けているだけで、ノンケミカルの日焼け止めがすべてお肌にやさしい成分だけで作られているわけではないのでそのあたりは注意が必要ですよ!。

 

紫外線吸収剤のほかにも気になる成分

 

日焼け止めクリームを落とす時に、普通の石鹸や洗顔料で落とすことができないものは紫外線吸収剤を使用していないノンケミカル製品でもお肌にやさしいものと言えるものではありません。

 

例えばメイクを落とす時にもメイク落とし専用のクレンジングを使用しますが、これも普通の洗顔料では落とせないような成分を含んだメイクアップ製品を使っているからです。日焼け止めを塗っただけだからわざわざクレンジングをして落とす必要はないと思っているのに、実は落としきれない化学合成された成分をお肌に残してしまう可能性があります。

 

特にお子さんや男性などクレンジングを使う習慣のない人が日焼け止め製品を使った場合には簡単に洗い流せるものでないと困りますよね?成分だけでなく落とし方にも目を向けて探してみると肌にやさしい日焼け止めの選び方のポイントになるのではないでしょうか。

 

お湯や水で洗い流すだけで落とすことができる日焼け止め製品なら、敏感肌の人でも使いやすいと思います。

 

 

 

 

肌に負担をかけてしまう成分とは

 

紫外線をブロックする目的以外にも、日焼け止め製品には色々な成分が配合されています。スキンケア効果のある成分を一緒に入れることで、紫外線吸収剤による肌荒れを防ぐ効果もあるのかも知れません。しかし紫外線散乱剤を使用したケミカルフリーの日焼け止め製品の中には、人口香料や着色料など化学成分が色々入っているものも結構あるのでここも注意が必要!

 

基本的には無添加化粧品と表示されているジャンルでは、無香料、無着色、無鉱物油、アルコールフリー、防腐剤フリー、石油系界面活性剤フリーの6つの成分を配合していないことが基本となっています。これは表示しなくても良い成分は含まれていないので、市販されている化粧品の中から化学合成された成分を一切使用していないものを見つけるのは不可能です。