目に見えない紫外線の恐怖

紫外線が強くなる季節になると毎日の天気予報の情報の中に「紫外線が強いです、日焼け止め対策をしっかりしましょう」な〜んてお天気お姉さんが注意喚起してくれるようになりました。こんなことを親切に教えてくれるようになったのは、つい最近のことです。日焼けすることは肌に悪いこと、紫外線は悪影響という常識が広く定着してきたのは最近のことなんです。では、いったい紫外線とは何者?肌にどんな影響を与えるものなの?を解説していきたいと思います。

 

紫外線の二つの種類

 

当たり前ですが紫外線とは、はっきりと線になって見えるものではありません。細かく分類すると3種類の紫外線があり、実際に私たちの生活する地上まで届くのは2種類の紫外線です。その2種類はUVBとUVA。UVCという種類の紫外線もあるのですが、オゾン層でほとんど吸収されるため地上には届きません。

 

では、地上に降り注ぐ2種類の紫外線に特徴を確認しておきましょう。

 

UVAという紫外線の影響

 

地上に届く紫外線の約95%はこのUVAで占められています。ほとんどがこのUVAという紫外線による影響なのです。この紫外線は肌の真皮部分に届き、肌の弾力成分として大切に守らなければいけないコラーゲンやエラスチンを破壊してしまうものです。

 

日焼けばかりしていると肌がしわしわになってしまうのは、このUVAによる肌弾力への破壊が大きく影響しているんですね。しかもメラニンというシミの原因になる色素を生むのもこのUVAの仕業です。それにガラスを通過してくるので、家の中にいてもこの紫外線の影響は受けてしまうので注意しなければいけないんですよ。UVAは肌の色を一気に赤くさせるような強さはありませんんが、じわじわと時間をかけてシミを作るので厄介な紫外線です。

 

UVBという紫外線の影響

 

UVBの場合はガラスを通り抜けることがないので、屋内にいればほとんど影響を受けません。注意しなければいけないのは、晴天の日に長時間屋外で過ごしていると、UVBの影響で肌が赤く炎症を起こすことです。

 

この炎症は軽い火傷と同じような状態なので、そのまま放置していると皮がむけてしまうこともあります。さらに肌表面の角質層が固くなり、肌の代謝リズムを一気に乱してしまう原因になるので、これが夏の日焼けの怖いところです。肌にとってはUVAの方が後々まで長引く影響を与えるのですが目に見えて区別できるわけではないので、紫外線をブロックするときは両方に効果のある対策をしておくのが安全なんです。

 

敏感肌の日焼け止め選びはこちら