肌をきれいにする漢方薬

漢方薬で肌をきれいに整える!

漢方薬にはお肌の悩みを改善するものもあります。例えば

 

■思春期のニキビにも効果のある漢方

 

■敏感肌を改善する漢方

 

■シミ、そばかすを予防する漢方

 

など、お肌の悩みを解決する効果が期待できます。

 

 

そのお肌の悩みには、女性ホルモンのバランスが大きく影響します。漢方には女性ホルモンのバランスを整える効果のあるものが多数あります。生理不順や更年期などに効果のある漢方の中には、女性機能に作用する成分が多数入っているんですよ。

 

 

そこで、漢方成分の中で女性のお肌をキレイにする効果が期待できる成分を集めてみました。化粧品の成分としてお馴染みのものもあるので興味深いですよ。

 

 

オタネニンジン

 

 

肌をきれいにする漢方薬とは!?

 

オタネニンジンは高麗人参、朝鮮人参と呼ばれることもあり、日本でもおなじみの漢方成分です。高級な漢方成分として有名ですがこの頃では化粧品にも使われることが多くなりました。

 

 

オタネニンジンにはサポニンが多く含まれていて、抗酸化力がありアンチエイジングの効果が期待できます。漢方薬としてオタネニンジンを含むものはとても種類が多くなっています。

 

 

効果としては血の巡りを改善してくれます。顔色が冴えなくてツヤがなく、ハリのない肌の悩みを改善する効果があります。韓国では若い女性でも利用していて、韓国女性の美肌のヒミツはこのオタネニンジンにあるのかも?と言われています。

 

 

カンゾウ

 

肌をきれいにする漢方薬とは!?

 

カンゾウは甘草という漢方成分として幅広く使われています。化粧品に配合されることも多く、カンゾウとして表記される場合もありますが、グリチルリチン酸2K、グリチルリチン酸ジカリウムと表記されることもあります。

 

 

カンゾウには炎症を抑える効果があるので、漢方薬として利用するのは風邪などで粘膜に炎症を起こしている時や、頭痛や関節痛、筋肉痛などの炎症を抑えるために使われます。

 

 

ニキビ肌の炎症や、肌アレルギーなどの炎症を抑えるためにも化粧品に使われています。

 

 

オウバク

 

オウバクは、みかん科のキハダの木の樹皮から抽出される漢方成分です。漢方成分の多くは中国から伝わったものが多いですが、オウバクは日本でも古くから整腸のために使われてきました。

 

 

胃の弱い人のための漢方にもよく用いられますが、肌荒れを防ぐ効果もあるので化粧品にも配合されることがあります。

 

シャクヤク

肌をきれいにする漢方薬とは!?

 

美しい花を咲かせる芍薬ですが、漢方成分としても使われています。シャクヤクには月経不順や生理痛を緩和する効果もありますし、めまいやのぼせなどにも作用します。

 

 

女性ホルモンを整える効果がある女性向けの漢方成分として代表的なシャクヤクです。抗酸化作用があるので、アンチエイジング成分として化粧品にも配合されることがあります。

 

 

次ページ 敏感肌の顔の産毛の悩み

漢方を選ぶ際にの注意点

漢方を選ぶときには、ただお悩みの症状だけで選ぶのではなく、自分のカラダのタイプによって選びます。そのため、自分の体質をきちんと把握することが大切です。

 

 

例えば、冷え性に対して漢方を選ぶ時でも、胃腸の調子が悪いタイプ、顔は熱るのに足が冷たい、むくみやすいなど、それぞれの体質によって冷えの種類が違うのです。

 

 

それは肌に対しても同じことで

 

 

 

一つの悩みでも、その人ぞれぞれの体質に合わせて漢方を選ぶことで効果が得られるのです。これをチェックすることで漢方体質がわかります。漢方を選ぶ時の参考にするには、気、血、水の三つを基本に、6タイプに分けられます。自分の体質がどのタイプに当てはまるのかチェックしてみましょう。

 

 

 

気虚体質

 

□むくみやすい
□尿が近い、夜間尿で目が覚める
□大きな声を出すことが難しい
□食が細く、食後に胃がもたれやすい
□お腹を壊しやすく軟便、下痢することが多い
□疲れやすいく、だるくなりやすい
□風邪をひきやすい
□息切れすることが多い
□舌がむくみやすく、舌の色が薄い

 

 

このタイプに当てはまる人は、気の充実度が不足していると考えられます。

 

 

 

血虚体質

 

□頻繁に動悸がする
□よく物忘れをする
□抜け毛、白髪は年齢の割に多い
□目がかすみ、目が疲れやすい
□肌がカサカサしてツヤがない
□爪の色が白っぽく、薄くて割れやすい
□顔色が白くてツヤがない
□立ち上がるとめまいがすることがある
□手足がしびれて、足がつることが多い
□舌の色が薄く、小さい

 

このタイプに当てはまる人は、血の充実度が不足していると考えられます。

 

陰虚体質

 

□夜になると微熱っぽくなることがある
□顔色が赤い
□乾いた咳が続く
□目が乾きやすい
□耳鳴りすることがある
□のどが渇きやすく、冷たい飲み物を欲しがる
□便が硬く、コロコロした状態が多い
□寝汗をかくことが多い
□のぼせやすく、顔がほてる
□舌の色が赤く、表面が割れて見える

 

このタイプに当てはまる人は、水の充実度が不足していると考えられます。

 

気滞体質

 

□眠れない、夢をよく見る、眠りが浅い
□お口の中に苦い味がする
□頻繁にため息をつく
□片頭痛がよくある
□下痢と便秘が繰り返し起こる
□喉に何かつかえたような感じがある
□不安感、イライラ、憂鬱、怒りっぽい
□胃やお腹が張りやすく、ゲップやガスが多い
□生理が不順で生理前のお腹や乳房の張りが強い
□両脇がつっぱるような感じがする
□舌の両端が赤く、舌苔がつきやすい

 

 

このタイプに当てはまる人は、気の流れが停滞していると考えられます。

 

淤血体質

 

□シミ、そばかすが多い
□便の色が黒っぽい
□顔やくちびるの色が黒っぽい
□肩こりや頭痛を起こしやすい
□慢性的な関節痛がある
□おできやしこりなどができやすい
□動悸、不整脈がある
□生理痛がひどく、経血が固まることがある
□皮膚の毛細血管が浮き出やすい(男性に多い)
□下肢に静脈瘤がある
□舌の色が紫色っぽく、黒い斑点のようなものもある

 

 

このタイプに当てはまる人は、血の流れが悪くなっていると考えられます。

 

痰湿体質

 

□脂性肌で吹き出物ができやすい
□頭痛を起こす
□めまいや吐き気がある
□痰がよく出る
□軟便体質で下痢をしやすい
□むくみやすい
□太っている
□体脂肪率が高く、中性脂肪値やコレステロール値が高い
□体が重く、だるい
□舌にベタベタした苔が厚くつきやすい

 

このタイプに当てはまる人は、水の流れが悪くなっていると考えられます。