顔 たるみ 解消 エクササイズ

顔のたるみに効く簡単なエクササイズ

顔がたるむ現象を少しでも防ぐためには、食事美顔器サプリと併用して筋力でたるみを予防するのも有効な方法です。1番の魅力は自宅で無料でできるという点ですね^^

 

 

お腹の脂肪が分厚くなって、皮下脂肪がたるんでしまった場合でも運動して脂肪を分解・燃焼させるとともに筋肉をつけてたるみを引き上げるように努力しますよね?

 

 

顔のたるみの場合も同じなんです。

 

 

ただ、どんな運動をしたら「たるみ」に効果的なのか、あまり知られていないようなので顔のエクササイズとして有効なものをいくつかあげてみました。簡単にできるものばかりなので、続けてみると効果が表れてくれると思います。

 

 

【顔のたるみの効くエクササイズ】

 

目次

 

 


■ほうれい線に効く

 

 

顔のたるみを解消するエクササイズ

 

 

ほうれい線は頬のたるみがひどくなってくると、どんどん長くなりはっきりとしてきます…顔の印象が10歳以上も老けて見える原因となるのがほうれい線なので、しっかり予防したいですね。

 

 

ほうれい線を目立たなくするためには、頬を引っ張り上げるエクササイズよりもまずはほうれい線にアイロンをかけるように伸ばすことが有効です。

 

 

・口を閉じます。

 

・舌を使って口の中からほうれい線を伸ばします。

 

・5回くらいほうれい線を中から伸ばしたら反対側も同じようにします。

 

・これを左右3回づつ行います。

 

 

この方法は、あのシルク姉さんが「舌アイロン」といって紹介していた方法と同じです。短い時間ですぐにできるので、自分が行えるタイミングを見つけて簡単に続けられます。

 

しかも、この方法はほうれい線だけじゃなく、舌を使うことで二重あごの予防にもなるので一石二鳥です。

 

 

 

 

■二重あごに効くエクササイズ

 

 

顔のたるみを解消するエクササイズ

 

 

二重あごは痩せている人でもたるみによって起こりやすく、しかも首のたるみの原因にもなるのです。タプンタプンのあごを予防するためのエクササイズの中でも簡単に行える方法を2つご紹介します。

 

その@

 

・肩の力を抜いてラクな姿勢に。

 

・顔をゆっくりとあげて真上を向きます。

 

・首をグッと伸ばすようにして5秒間そのままキープします。

 

・ゆっくりと顔を元の位置に下ろします。

 

 

この一連の動きを1セットとして5回ほどゆっくりと行います。顔を上にあげた時に、くちびるを突き出すようにしたり、舌を上に出すようにするのもあごのラインに刺激を与えることになるので、組み合わせてみるのも有効です。

 

 

そのA

 

・口を閉じてまっすぐ前を向きます。

 

・そのまま舌を口の中でゆっくりと回します。

 

・10回舌を回したら、同じように反対回りをします。

 

 

慣れていないと、舌の根元がとても痛くなるほどキツく感じるエクササイズなので、最初は10回ずつもできないかもしれません。5回ずつから徐々に回数を増やせるようにして、1日5回くらいを目標にしましょう。

 

 

 

顔全体の筋肉に刺激を与えるように、口を大きく開けて「あいうえお」の発声をすることもエクササイズとして有効です。お風呂の時間などを利用して、二重あご撃退に頑張ってみましょう。

 

 

自宅でエクササイズによるのたるみ解消にはお金はかかりませんが時間がかかります。即効性のあるたるみ解消法はなんといっても美容外科によるたるみ解消です。詳しくはこちらで記載していますので参考にしてください