SPF PA

SPFとかPAってどんな意味があるの?

 

 

日焼け止めクリームのコマーシャルを見かける季節になると、SPAとPAのことも見聞きすることも多くなります。
しかしこのSPFとPAのこと、しっかり理解して日焼け止めを選んでいる方が多いのではないでしょうか。

 

実はこの表示は、紫外線を予防する機能を計るための大切な表示なんです。
なんとなく、数値が大きければ大きいほど日焼け止めブロック効果が高いから、それを選べば間違いないとザックリした感覚で選んでいると肌には負担があるかも知れません。

 

きちんと機能を理解して日焼け止め製品を選ぶようにしましょう。

 

 

SPFとは?!

 

SPFはサンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)を略した表示です。
このSPFがブロックするのは紫外線B波、つまりUVBをブロックする効果を表しています。

 

このSPFには数字が付いていますが、その数字はUVBをカットすることができる時間の表示なんです。
20分間紫外線を浴びたときにUVBが肌を焼けさせる時間を延ばすという数値で、よくわかりいものですが、計算する方法は20分×SPFの数値がUVBをブロックできる時間です。

 

例えばSPF40の場合では20分×40=800分(約13時間)になります。
最近ではSPF50+という長い時間のUVカット機能のあるものも開発されているので、朝から夕方までずっと紫外線をカットすることも可能になっているのです。

 

ただ、汗などで落ちてしまえばその数値では計ることはできないので、塗り直しが一切不要というわけではありません。

 

 

PA+とは?!

 

SPFと一緒に必ず表示されているのがPAです。
SPFのように数値ではなく、PAに(+)の表示が付けられています。

 

PAはプロテクショングレイドofUVAの略のことです。
UVAはUVBよりも紫外線として大量に地上に降り注いでいて、肌を黒くしたり、コラーゲンやエラスチンの細胞を攻撃して肌老化の原因になる紫外線です。
SPFに(+)の表示が多ければ多いほどUVAをカットする効果が高いものです。

 

現在では(++++)の日焼け止めが増えているのですが、日常の生活では(++)程度でも十分な効果があります。
SPFと同様に長時間紫外線を浴びる時はPA値が高いものを選ぶようにします。

 

UVカット機能のあるものじゃなくても、普通のファンデーションやパウダーでも多少の日焼け止め機能があります。
素肌をそのまま紫外線にさらすことがないように日常の生活の中で注意すれば日焼け止め製品の機能が高いものばかりを使わなくても大丈夫です。