敏感肌 バリア機能 セラミド

敏感肌にはセラミドが必要

敏感肌の原因のひとつに、肌のバリア機能の低下があります。

 

アトピー肌、生まれつき角質層が薄いことによる敏感肌もありますけど、
もともとは健康な肌だったのに、大人になってから敏感肌になってしまう人の方が多いそうなんです。

 

それは、強い洗浄力を持つクレンジングを長年使用したり、
強い摩擦を与えるような、間違った洗顔方法を続けてしまうことなども原因になります。

 

このような間違ったお手入れをしていると、肌のバリア機能の役目をするセラミドが慢性的に不足した状態が続きます。セラミドは肌の表面をバリアのように守るものですから、角質層の中の細胞間をうるおいで満たすためにも必要な成分です。

 

もともと持っているはずのバリア機能を、間違ったお手入れで失くしてしまうなんて落とし穴でしょう。

 

セラミドが不足することで、どんなトラブルを招くことになるのかというと、
まず乾燥しやすい状態になることから始まります。

 

 

セラミドは肌の表面を覆うようにして水分の蒸発を防ぐので、不足すれば乾燥肌になってしまいます。そして、乾燥肌になった肌の表面はキメが乱れて外部からに刺激に弱い無防備な状態になってしまいます。

 

外部からの刺激というのは、ホコリ、花粉、ダニ、紫外線、化学物質など。
数えきれないくらいの外敵に、無防備な状態でさらされてしまうんです。

 

その結果、かゆみや赤みを発生させるなど肌トラブルを起こしてしまうんです。
敏感肌の予防には、セラミドがとても重要なのです。

 

ではセラミドを増やすためにはどうしたらいいのか?といえば
身体の中からセラミドが生成されやすいように生活環境を整えることも必要ですが、
外から補うことも効果的なんです

 

ただ、セラミドにも色々種類があるので化粧品でセラミドを補うのなら、
複数のセラミドを配合したものを選ぶのが良いわけです。

 

私が愛用しているメディプラスゲルというオールインワンゲルには、3種類の高濃度セラミドが配合されています。(※詳しくは公式ホームページを参照)肌のうるおいにも、トラブルを防ぐためにも欠かせないセラミドをしっかり補えるオールインワンゲルなので、敏感肌の人にも支持されているんです。

 

 

 

実際に私もメディプラスゲルを使うようになってからは乾燥肌が改善されました♪
>>メディプラスゲルのレビューページはこちら

 

セラミドは、肌の成分の50%を占めるほど大切なものです。
補うことと同時に、生成されるのを促進するためにも、アミノ酸などの栄養も必要になります。
メディプラスゲルには、62種類の美容成分が配合されていますが、その中には必須アミノ酸を含む15種類ものアミノ酸が配合されています。

 

コラーゲンやヒアルロン酸、そしてセラミドなどがバランス良く保たれる肌に導くために、
メディプラスゲルの豊富な成分はとても理想なのではないでしょうか。

 

>前ページ クレンジング後のホットタオル   次ページ 敏感肌にも炭酸化粧品って安心?