日焼け止め 紫外線

物理的に紫外線をカットするわけでもないのに、日焼け止めクリームなどを肌に塗るだけでどうして紫外線を防ぐことができるのでしょう?日焼け止めの仕組みを知ると、自分の生活や肌に適した日焼け止め製品を選びやすくなると思いますよ♪

 

では、早速日焼け止め製品がどのように紫外線を防ぐのか、その仕組みを解明してみましょう。

 

■ 紫外線を防ぐ二つの種類の機能

 

日焼け止め製品には大きく分けて二つの種類に分かれることをご存じでしょうか。

 

紫外線散乱剤

 

この成分は簡単に言ってしまえば紫外線を反射させて肌に侵入させないようにする効果で日焼け止めをします。太陽の光は鏡に反射しますが、それと同じように肌の上に反射するものを塗れば紫外線を散乱させることができるというわけです。

 

日焼け止めクリームという製品が世の中に出回ってきた当初はほとんどがこの紫外線散乱剤を使ったものでした。反射させる機能のある成分は、金属酸化物という種類のものを使用しています。

 

紫外線吸収剤

 

紫外線を吸収して肌の中に届かないようにする機能がある成分が紫外線吸収剤です。紫外線を浴びると、それをエネルギーとして変換します。その機能によって肌に紫外線の影響が起こらないようにする成分です。現在の日焼け止め製品の中でも、紫外線カット機能が高いものは紫外線吸収剤を使用しているタイプが多くなっています。

 

 

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の違い

 

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤を比較してみましょう。

 

・紫外線散乱剤

 

肌の表面を覆って紫外線を守るので、白くなるタイプが多くなります。そのため、使いやすさや見た目の問題がありますが、肌を守る効果としては負担の少ないタイプの成分です。弱い紫外線の時に使用する場合や、敏感肌な人、お子さんが使用する日焼け止めには紫外線散乱剤の方が安心できると思います。

 

・紫外線吸収剤

 

紫外線をエネルギーとして熱に変換するタイプなので肌の表面で熱による刺激があります。乾燥肌の人や敏感肌、小さなお子さんが使用する日焼け止めには心配です。

 

ただ、白くなりにくく強い紫外線でも強力に紫外線を防ぐ効果があるなどメリットも大きいので、真夏のお出掛けやアウトドア派の方はこちらのタイプの方が人気が高い傾向にあります。

 

 

結局どちらを選ぶのがいいの?

 

日焼け止めを使う時に紫外線散乱剤を使ったものと紫外線吸収剤を使ったもの、どちらを選べばいいのかと迷った場合は、自分の肌に負担をかけるリスクの少ない紫外線散乱剤を使用したものから使ってみることです。強い紫外線を予防する機能がある紫外線吸収剤の日焼け止め製品では、肌がかゆみを感じたり、肌荒れを起こす可能性もあるからです。