顔のたるみ 美容外科 口コミ

美容外科で行うたるみ解消法

ハリウッド女優をはじめとする海外セレブはたるみやシワを改善するための美容整形を受けている人が数えきれないほどいるそうです。

 

 

日本の女優さんにもいるのでしょうが、海外セレブのように劇的な変化を見せることがないのであまりハッキリとはわからないようです。

 

 

しかしそれにはワケがあります。

 

 

東洋人の肌と西洋人の肌には大きな違いがあって、白人はある年齢になるとコラーゲンやエラスチンなどの減少が激しくて、その変化のスピードが他の肌の色と比べてとても早いのだそうです。

 

 

50代や60代の女性を比較してみると、東洋人の女性の肌の方がハリがあって若く見えるんですよ。

 

 

だから海外セレブの方が美容整形を受ける人が多いんです。日本人の女性はその点ではとても幸せなのですが、やはりある程度の年齢になればたるみやシワが出てきます。

 

 

コツコツと努力しても解消されない悩みがある人は美容整形という方法も選択してみてもイイのかも。たるみやシワのための治療にはどんな方法があるのかまとめてみました。

 

 

■フェイスリフト

 

ハリウッド女優の人がよく行っている方法です。たるんだ皮膚を引っ張る外科手術なので簡単に行える方法ではありません。手術後には傷みが生じる場合もあります。内出血を起こして腫れてしまったり、一部が麻痺してしまうなどの後遺症のリスクもあります。

 

 

このような手術を行う場合は、実績の高い技術のある医師のもとで受けるようにしなければなりません。

 

 

 

■レーザー治療

 

 

レーザーによる美容治療としてはシミの除去や永久脱毛などがあります。しかしコラーゲンの生成を促進する作用があるレーザー治療によってたるみやシワにも効果があります。メスを使わないで受けられる治療なので、傷みや後遺症などのリスクがなく費用の面でも負担がとても少なくなります。

 

 

■ヒアルロン酸注入

 

 

水分を保持するヒアルロン酸をたるみやシワがある部分に注入する治療方法です。ヒアルロン酸は人間がもともと持っている成分なので、安心できる治療として人気です。デメリットと言えば効果が永久ではないことです。

 

 

時間をかけて吸収されてしまうので、三ヶ月〜半年ほどで効果がなくなります。顔全体のたるみよりも、細かいシワや部分的なたるみの目立つ部分に効果的です。よく似た治療方法としてボトックス注入もあります。

 

 

こちらも永久的ではないのですが、どちらの治療方法もメスを使わないプチ整形なので安心感がありますね。

 

 

これらの美容整形によるたるみの治療は、化粧品を使ったケアやセルフマッサージなどとは違って速効性がありますが、費用の面ではハードルも高いので自分でできるケアもしっかり行うようにしましょう。