シートタイプ クレンジング 敏感肌 合わない

なぜふき取りクレンジングは敏感肌に向かないのか?

クレンジングには、オイルタイプ、乳液タイプ、リキッドタイプなど様々なタイプがあります。

 

シートタイプのふき取りクレンジングは敏感肌には向かない

 

 

これらの多くがメイクに馴染ませて浮かせてから洗い流すという方法ですが、他にも手軽なメイク落としの方法として、シートタイプのクレンジングがあります。

 

 

これは、シートにたっぷりのクレンジング剤を含ませているもので、メイクをふき取ることでメイク落としが完了するとても便利なものです。

 

 

テレビコマーシャルでも見かけたことがある方も多いでしょう。旅行の時や、疲れてクレンジングに時間をかけることができない時など、便利なので利用している人もいると思います。

 

 

 

ただこのシートタイプのクレンジングでメイクを落とすことは、敏感肌には向いていません

 

 

いくら簡単にメイクが落とせるとしても、肌にトラブルを招く原因になるのなら、避けた方が賢明なのではないでしょうか。

 

 

シートタイプのふき取りクレンジングが、どうして敏感肌に向いていないのか、その理由は摩擦です。

 

 

シートで肌を直接擦ることで、肌の表面が傷つきやすいこと。さらに、洗い流すクレンジングに比べると、メイクや汚れが残る可能性が高くなります。

 

 

シートタイプのふき取りクレンジングは敏感肌には向かない

 

 

汚れやメイクの成分が残っていると、それらが酸化して毛穴を詰まらせてしまったり、雑菌が繁殖してしまう可能性もあります。

 

 

しかも、アルコール成分を含んでいるものも多く、敏感肌の人が使用するとヒリヒリと刺激を感じる危険もあります

 

 

どれだけ簡単で便利なクレンジングだとしても、あまりにもリスクが多すぎるのではないでしょうか。

 

 

この方法以外にもクリームタイプのクレンジングでふき取ってから洗顔することも、摩擦の刺激があるので、必要以上の力を入れないように気をつける必要があります

 

 

できるだけ、摩擦による肌のダメージを軽くできるクレンジングを選ぶように注意することは、敏感肌の人には大切なことなんです。

 

 

ただ、クタクタに疲れた時にメイクを落とす気力もなくてクレンジングをサボって眠ってしまうよりは、シートタイプのクレンジングで簡単に済ませることは絶対NGとは言えません。メイクをしたまま眠ってしまう危険性はこちらの「メイクをしたたまま寝た時の肌への影響」をご覧ください。

 

 

メイクをしたまま眠ることの危険性に比べれば、ふき取ってサッと落としたほうがまだマシです。注意することは、強い摩擦を与えないように、やさしく落とすこと。そしてふき取るだけではなく、最後にサッとぬるま湯ですすぎ洗いをして汚れを残さないようにすることです。

 

 

シートタイプのふき取りクレンジングは敏感肌には向かない

 

 

毎日のメイク落としに、シートタイプのクレンジングを使うのは敏感肌の女性にはおすすめできませんが、どうしてもという時もありますからね。

 

 

肌へのダメージを最小限にすることを忘れないようにすれば、翌日の肌がダメージでボロボロなんて危険は避けられるのではないでしょうか?

 

 

ふき取りがたは使った結果いいものがありませんでしたのでご紹介はできません…敏感肌の私でもでも安心して利用できるのはリ・ダーマラボ モイストクレンジングジェルです。

 

 

リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング

 

敏感肌女性に今最も売れているクレンジング

 

水谷雅子さん、山本優希さんなど多くのモデルが絶賛♪
ダブル洗顔不要で、エイジングケアもできるクレンジングです。
今だけ!!1個購入でもう1個プレゼント!!!

 

■こんにゃくスクラブ配合!
■送料無料!
■全額返金保証付き!