無印良品 オイルフリーリキッドクレンジング

無印良品オイルフリーリキッドクレンジングの口コミや成分情報です

 

クレンジングに含まれるオイル成分が気になる方のための、オイルフリーのクレンジングです。
リキッドタイプなので、サラッとした使用感です。

 

【無印良品オイルフリーリキッドクレンジングの特徴】

 

クレンジングは、油溶性のメイクアップ製品を落とすために、オイルを使用しているものが多いのですが、
オイルを使用することにより、お肌の潤いも一緒に奪われてしまいます。

 

このクレンジングは、天然のうるおい成分を含みながら、油溶性のメイクを落とせる製法になっています。

 

また、ニキビ肌の人はオイルを配合した化粧品を使用するリスクが大きいので、
ニキビ肌に悩む人にも、オイルフリーのクレンジングはメリットがあります。

 

無香料、無着色、無鉱物油、弱酸性、アルコールフリーのマイルドな処方となっています。
肌のデリケートな人にも、使用できるマイルドなクレンジングが特徴です。

 

【無印良品オイルフリーリキッドクレンジングの使い方】

 

手の平に、500円玉大の適量をとります。
それを顔全体に広げてメイクと馴染ませます。

 

メイクを落とす時は、顔と手が乾いた状態で使用します。
塗れている状態で使用すると、メイク落ちが悪くなるので、お風呂で使用する場合は軽くタオルで水分を拭き取ってから使用するようにします。

 

最後は、ぬるま湯で十分にすすぎます。
特にダブル洗顔は必要ありません。

 

【無印良品オイルフリーリキッドクレンジングの主要成分】

 

PG、水、ポリソルベート80、DPG、PEG-60水添ヒマシ油、PPG-10ブテス-9、オレンジ花水、アンズ果汁、モモ葉エキス、BG、
グリセリン、トコフェロール、クエン酸、クエン酸Na、メチルパラペン、プロピルパラペン、ブチルパラペン

 

【無印良品オイルフリーリキッドクレンジングの愛用者の声】

 

無印のオイルクレンジングを使っていますが、オイルフルーというのが目について
小さいサイズをお試し購入しました。
スッキリ落ちるし、オイルよりも使いやすいけど、少し目にしみる感じがします。
肌に刺激があるわけじゃないけど、目にしみるのが気になるのでそこがマイナスです。
20歳を超えても、ニキビが繰り返しできる肌なので、オイルフリーのクレンジングの方がイイと思ったけど、
リピするかどうかは微妙なところ。(25歳/脂性肌)

 

ナチュラルメイク派には、オイルフリーのリキッドクレンジングがピッタリです。
ホントは、メイクもしたくないくらいだけど、日焼け止めのつもりでしている程度なので、
「クレンジングなんて要らないかも」って思うくらい。
そんなめんどくさがり屋には、するっと落とせて、バシャバシャすすいで完了が良いです。
口コミでは賛否が分かれているけど、しっかりメイクをする人には向かないでしょうね。(32歳/乾燥肌)