セラミド 敏感肌 改善

セラミドが敏感肌を改善できるのか

基礎化粧品によるお肌のお手入れで、ゆらぎやすい肌をケアするために欠かせないのがセラミド

 

セラミドは保湿性の高い化粧品にはほとんど配合されている成分です。
とくに珍しい成分でもないセラミドですが、そのセラミドにも色んな種類があることは意外と知らない人もいます。

 

実は私もセラミドに11種類もあるなんて全く知りませんでした…
化粧品の成分に「セラミド配合」と表示されていれば、安心していたくらいですので。。。

 

セラミドにも種類があり、それぞれに役割がありますので
基礎化粧品を選ぶ時は、セラミドの種類に注目してみると違った効果を実感できるかも

 

一般的に化粧品に配合されているセラミドは、7種類ほどです。
種類別に、どんな効果があるのかまとめてみました。

 

■セラミド1
水分を保持するため、外部からの刺激から守るためのバリア機能

 

■セラミド2
水分保持力がとても優れています

 

■セラミド3
水分を保持して、肌のシワを予防します

 

■セラミド4
角質内の脂質でバリアの層を作ります

 

■セラミド5
角質内の脂質で、セラミド4と同じ機能を持っています

 

■セラミド6
水分を保持と、肌の代謝機能(ターンオーバー)を促進します

 

■セラミド7
細胞を増殖するのを促進して、皮膚の常在菌のバランスを整えます

 

 

このように、色んな種類のセラミドがあるんです。
セラミドというのは、もともと肌にあるもので人の身体の中で作られるものなので、できれば天然のセラミドを増やすことがイチバン理想的です。

 

人の肌の中にあるセラミドの中で、一番多くを占めているのがセラミド2です。
ですのでセラミド2にもっとも近いセラミドを多く含んでいる基礎化粧品を選べば、自然なうるおいで満たせることになります

 

そして、基礎化粧品に配合されているセラミドは、原料や製造方法によって
「天然セラミド」「ヒト型セラミド」「植物性セラミド」「合成セラミド」に分けられます。

 

天然セラミドは、動物が原料になっています。
特に馬のセラミドは、人間がもともと持っているセラミドとよく似ているので馴染みやすいのが特徴です。

 

ヒト型セラミドは、バイオテクノロジーによって生成されたセラミドです。
酵母を利用して作られていて、人の肌のセラミドとほぼ同じ状態です。
人の肌とほぼ同じということで、肌にやさしいことが大きなメリットです

 

>>ヒト型セラミド配合の人気商品はこちら

 

セラミドが敏感肌を改善できるのか

 

 

植物性セラミドというのは、米ぬかなどに含まれるものです。
米ぬかは、昔から肌の保湿に効果があると言われていますが、それが植物性セラミドによる効果です。

 

合成セラミドとは、別名「疑似セラミド」と呼ばれています。
石油を原料にした、合成成分なので、コストが安く大量生産が可能です。
そのため、低価格の化粧品に配合されているケースが多いです。

 

私が基礎化粧品を選ぶ時に、セラミド1.2.3を含んでいるものを選ぶようにしています。
加えて、ヒト型セラミドと表示されていればさらに安心しています。